IGFニュース
5月12日(金) 奥田啓介、谷嵜なおきサイン会開催! NEWオープニングシリーズ 栃木県総合文化センター・サブホール!!(IGF公式サイト)

2017年06月21日

IGF現体制刷新で存続へ!猪木議員「ファンの気持ちを汲む」

昨日の猪木さんの発言を受けてIGFが 公式サイトでリリースしています。

IGFからのお知らせ
ファンの皆様、マスコミの皆様へ

最近のIGFと猪木氏との間で表面化した問題に対して、ファンの皆様には大変ご心配をおかけして申し訳ございません。

私たちも元々は、猪木ファンです。よって、猪木氏のイメージを常々考慮して活動してきました。最近の出来事も、IGF自身から先に猪木氏に向けての発表、発言をした事は一切ございません。全て、猪木氏側からの発言への対応として行っています。

5月24日の猪木氏主催のISM発表会の席上での突然の『IGF整理発言』も然りです。 『NEW』設立の目的も事前に猪木氏からの承認を受けています。また『NEW』については猪木氏側より「小規模な興行につき、いちいち報告しなくていい。報告は無用。」との連絡を、2016年9月27日に受けております。それにも関わらずの突然の『IGF整理発言』です。

また、番組制作者には大変失礼ですが、話によりますと3桁程度の視聴者数のインターネット番組でのサイモンの発言に対してもそうです。 猪木氏を批判する様な発言をしていないにも関わらず、わざわざ弁護士事務所を使って、サイモン宛に『警告書』を送付してきたわけです。こんな小さな番組での発言に、なぜ突然『警告』をされたのか意味が分かりません。また、それに反対意見を述べる弁護士費用も、使える資金もなく、法的手段をも辞さないという事でありましたので、これらのことについて、やむを得ずメディアへ発表した次第です。

上記のように、我々は、常に猪木氏側からの発言に対して動いております。

6月20日の猪木氏のツイッター発言もそうです。 発言力、影響力が絶大な猪木氏の自分本位の発言が、時には真実さえ変えてしまいます。

猪木氏の傍にいた私たちは過去に猪木氏自身の自分勝手な対応にどれだけ多くの方々が、泣き寝入りをしたかは知っています。

しかし、私たちは泣き寝入りしません。真実や事実を隠しません。まずは、今回の株主総会の通知と同封した取締役の意見書を掲載いたします。さらに6月20日のツイッターで発言された臨時株主総会については、規則に従い行っており、違法行為はありません。

詳しいことは、IGFホームページにて、明日お伝え致します。

リンク先には株主総会の意見書等が掲載されています。

まあ、このままいくと裁判沙汰に突入することも考えられますから、こちらも遊び半分では語れませんね。

ただ、サイモンさんに送られた猪木寛至氏代理人弁護士からの『警告書』に関しては僕も当事者になりますから真実は語れます。

6月6日の会見。

テレビ朝日放送「プロレス総選挙」に関連してアントニオ猪木氏よりの『警告書』が、IGFに送付されてきた事に対して青木弘充社長より、その内容の説明
青木弘充社長「内容としてはサイモン猪木宛に送られてきた書類になっております。内容としましては猪木寛至氏の代理人として株式会社ドワンゴが提供しているサービス、大谷氏が運営する熱血道と題する有料メールマガジンについて下記の通り警告いたしますという警告書になります。この本メルマガにおいて緊急座談会「プロレス座談会は是か非か」という記事がある。この中で通知人、猪木会長ですね、猪木会長が第1位となったプロレス総選挙はやらせであると言う発言が多数掲載されています。貴殿、サイモンのことですね、サイモンは猪木会長の娘婿であり、元新日本プロレスの社長かつイノキ・ゲノム・フェデレーションの取締役でもあります。そしてこの座談会に参加していると、そして同種の発言をしていると、当然のことながらプロレス総選挙はやらせであると言ったことは事実ではないと。これは通知人、猪木氏の社会的評価をさげるようなことになっていると猪木会長の名誉権を侵害することは明らかである。さらにこれらの発言を有料メールマガジンで配信している大谷氏の行為も通知人、猪木氏の名誉権を侵害する。本メルマガの購読者から料金を得るもので極めて悪質であると言わざるを得ません。特にサイモンは本メルマガの制作に協力していることは明らかですので、本警告書到達後、速やかに猪木会長に関するすべての記事を削除するよう大谷氏に要請する。それとともにサイモンの方も今後は同種の行為を行わないようにお願い申し上げます。本警告到達後、2週間以内に答えを得られない場合は法的手段をとることも検討せざるを得ませんので速やかな答えをお願いします。というような内容でございます」

サイモン取締役「みなさん、お忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございます。まず、自分の中で一言言えることはびっくりしています。このような内容が猪木さんの弁護士からくるなんて思ってもなかったですし、2週間前に届きましたので今日がそのデッドラインでもございます。まずテレビ朝日の3月の"プロレス総選挙"を見まして、まぁ、普通のファンのように色んな意味で楽しくみさせていただきました。ランキングについて、この選手もよかったんじゃないとか言うのをショー大谷さんの番組でコメントさせていただきました。決して私の方から猪木さんのネガティブな意見を言ったことはありませんし、逆に守ったとか、そのようなコメントをしたようなつもりでした。ですのでとってもショックを受けております。逆にどれくらい猪木さん怒っているのか、知りたいくらいです。以前、猪木さんはこのようなことが起きたら、電話してくるとかメッセージを送ってくるとかしてきたと思います。今回、ショー大谷さんには失礼ですが、このようなマイナーな番組について意見をおっしゃるなんて、びっくりしています。これに対して、猪木さんが自分の名誉が落ちると考えてらっしゃることが失礼かもしれませんが、小さくなってらっしゃる、このように心の底から思っております。自分の中では猪木さんは世界のアントニオ猪木で大げさに言えば神みたいな、それが正直な気持ちですし、これまでもっとすごいスキャンダルをふっとばしてきたのがアントニオ猪木だと思いますので、警告書が来たことはショックですし、不安です」

座談会の記事は現在削除されているので閲覧できませんが、事の経緯を説明しますと、今年3月サイモンさんが日本に来てるということで「飯食わない?」と誘われたので「じゃあ行きます」という感じだったんですね。確か、Showさんが30分ぐらい遅れてきて。

その間にサイモンさんとプロレス総選挙に関してチラッと話題になったこともあって、「3人揃ったところでアントニオ猪木プロレス総選挙1位記念として座談会でもやりますか?」と僕が提案したんです。とにかく僕は猪木さんが1位なことが嬉しくてしかたないわけですから、それはサイモンさんも同じでしたね。Showさんは番組自体見ていなかったのでピンと来ないという感じでしたけどね。ですから、突如座談会になったわけです。

で、サイモンさんが言っていたのは「藤波さんや前田さんが入ってないのはおかしい」と。Showさんは「自分に投票権がないのはおかしい」と。誰もが普通に疑問に思うことです。僕としては「あくまでもバラエティーですから」と、そこまで厳密にやるようなもんではないという流れで「猪木さんが1位になることはあらかじめ聞いてた」と答えたわけです。これが誤解を受けたんだと思うんですけどね。確かに放送前というか収録するだいぶ前に聞いてたんですけど、その時点での投票結果としてということで言ったつもりなんですけどね。ですからヤラセというニュアンスには当てはまらないんです。ましてや猪木さんの名誉を傷つけるつもりは毛頭ないわけで、それは座談会を全文読んだ方ならわかるかと思います。

ただ、こっちからするとですよ。猪木さんの代理人と称して弁護士を使い『警告書』を送る。これこそが猪木さんの名誉を傷つける行為ですから。猪木ファンなら誰もがわかると思いますけど、猪木さんはそういうことを否定してきた人なんですから。猪木さんは「悪口でも何でも好きなこと書けよ。取材拒否なんかしねえから」と言ってきた人です。そんな矛盾するようなことをやったらダメ。猪木サイドにはよく考えてもらいたいですね。

これはIGFにも言えます。猪木さんに反論するのはいいとしても、アントニオ猪木の価値を下げるような行為はやめてもらいたいです。例え真実であっても。IGFがそんなことをするのは悲しすぎます。→最新情報/プロレス人気ブログランキング

↓最新情報はこちらから↓
inoki_genome
プロレス人気ランキング

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オリジナル・チャンピオンベルト製作
〜トロフィーに代わるニューアイテム!〜
チャンピオンベルト 製作
【チャンピオンベルト使用用途ベスト3】
1位 ゴルフコンペの優勝者へ
2位 結婚祝いへのサプライズプレゼント
3位 送別会での送り物
〜イベントが必ず盛り上がる!使い道、自由〜

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


IGFニュース
5月12日(金) 奥田啓介、谷嵜なおきサイン会開催! NEWオープニングシリーズ 栃木県総合文化センター・サブホール!!(IGF公式サイト)
IGFは整理されるのか!今夜、新シリーズ開幕で猪木議員に徹底抗戦の構え

IGF整理発言をしていた猪木さんですが、ツイッターやFacebookでIGFの存続に向けて動くことを示唆しています。

画像にある報告資料によりますと、6月14日にIGFの株主総会が行われたようです。そこにある3と4の項目に関しては経営サイドの言い分もあると思われますので額面通りには受け取れませんけどね。1の部分「取締役3名を解任し、猪木様を取締役に選任することを主たる目的」とあります。

つまり猪木さんが取締役としてIGFに復帰。これまで湯川さんが筆頭株主のオーナーとして現場を仕切ってきたわけですが、猪木さん個人あるいは猪木グループに株主が集まり、湯川さんの株の所有率を超えてオーナーが移行したものと思われます。「今のままのIGFはなくなる」とは今の湯川体制のIGFはなくなると。前回の猪木さんのツイート「カネが絡むと、どうして人間はこうなってしまうのか」というのも湯川さんに向けてのものと思われます。

要するに猪木さんは湯川さんからIGFを奪還。そのまま整理することも可能なわけですが、整理するつもりならわざわざ猪木さんが取締役に選任されることはないと思うんですよね。おそらく猪木グループとしての選任ではないかと。グループの代表に猪木さんがなるのが自然ですから、社長に収まるつもりではないでしょうか?そして猪木さんはこうもツイートしています。

「ファンの気持ちを汲んで行動します」

猪木さんはIGF存続を願うファンの署名が集まっていることなど知っているわけですね。当然ながら僕もIGFの存続を願ってますから署名したんですけども、本当に心苦しかった。猪木さんが整理するって言ってるのに、それに反対するという行為は非常につらい。何せ僕は生粋の猪木信者ですから。でも、猪木さんがこの気持ちを汲んでくれるというなら非常に嬉しいですね。

image

ファンに媚びるようなことはしなかった猪木さんだが、いつだってファンを大切にしてきた。ということで、IGF整理発言から一転して存続の可能性が高くなってきました。→最新情報/プロレス人気ブログランキング

↓最新情報はこちらから↓
inoki_genome
プロレス人気ランキング

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オリジナル・チャンピオンベルト製作
〜トロフィーに代わるニューアイテム!〜
チャンピオンベルト 製作
【チャンピオンベルト使用用途ベスト3】
1位 ゴルフコンペの優勝者へ
2位 結婚祝いへのサプライズプレゼント
3位 送別会での送り物
〜イベントが必ず盛り上がる!使い道、自由〜

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆</


熱血道
最新記事
T1honmei
IGF日程


「NEWオープニンブシリーズ」
◆4月30日(日)埼玉県ふれあいキューブ春日部
◆5月12日(金)栃木県総合文化センター
◆5月21日(日)千葉県TKPガーデンシティ千葉
◆5月27日(土)栃木県那須ハイランドパーク


猪木主演映画「ACACIA」
第22回東京国際映画祭出品作

◆「ACACIA」DVD発売中◆

「ACACIA」
アントニオ猪木
パチンコ、パチスロ機
猪木が猪木をぶっ壊す。
Categories