2010年04月11日

【週刊ゲノム・ショット第47号】デビュー1年目の猪木は気が弱かった・・・本日のIGF情報

アントニオ猪木デビュー50周年記念第2弾「GENOME12」

猪木のレスラー人生は演歌みたいなものだ(ターザンカフェ)
アントニオ猪木は試合をしている時の姿が抜群に素晴らしい。四角いリングの中にいるプロレスラー、猪木はホント、アーティストといってもいい。表現者という言い方が最も・・・
お餅つきの途中経過!(藤波辰爾公式ブログ)
教会でお餅つき?毎年、恒例なんですよ。礼拝後の楽しみです・・・
ゴジラとミニラ!?(高山善廣 T-VOICE)
タイトルはこの写真を見た悪のプロデューサーが言った言葉である。モチロン、ココは“南海の孤島”ではナク入園式の幼稚園である・・・
メキシコシティは快晴!(ウルティモ・ドラゴン GLOBAL WORLD)
やっぱメキシコシティは過ごしやすいね♪まだ時差ボケで朝早く目が覚めてしまったので、アパート内を散歩♪♪・・・
劇場番プロレス上映会(蝶野王国)
久々の日記です 2月から新日との選手契約がフリーになって以来かな 2月、3月も結構いろいろと忙しかったので、気になった事などは、随時書いていこうと思っています 今日は・・・
佐々木がパワーで圧倒!片エビ固めで白星(スポニチ)
佐々木が難敵の秋山を下し、グローバル・リーグ戦で白星スタートを切った。昨年3月1日にGHCヘビーのベルトを奪われた因縁の相手。 珍しい右の豪快なエルボーを・・・
健介が秋山を倒し白星スタート(スポナビ)
今回優勝すれば日本3大メジャーのリーグ戦制覇の偉業がかかる健介は「こんな戦いがずっと続いてほしい。楽しい」と、秋山からの勝利に興奮しっぱなしで・・・
プロレス最新情報
プロレス、格闘技、各団体の最新記事を新着順とランキングで紹介

untitled
【明日のゲノムTV】 4月12日(月)放送

【日曜夜は馬鹿になれ、847ダー!!】
毎週日曜23:30〜FMヨコハマ
アントニオ猪木出演

猪木グッズストア 
【ゲノム・ヒストリーNo.579  昭和40年7月18日】
▼現地時間、アメリカ・テキサス州サンアントニオ・ベッスレースタジアムのメインでカンジ・イノキはカール・カールソンと60分3本勝負で対戦。復讐に燃えるカールソンは1本目のゴング前からイノキに殴りかかる奇襲戦法。イノキはひるむことなく応戦。乱打戦となり、カールソンのパンチ、ヒザ蹴りで2度ダウン。パイルドライバーを食らう所でイノキは勢いをつけ両膝で相手の首を巻き込みながら、そのまま後方に1回転(後のフランケンシュタイナー)。イノキはカールソンの顔面を踏みつぶし、立て続けに相手の首を取り低い体制から後方に投げつけ、脳天砕き(後のアントニオドライバー)。6分51秒体固めでイノキの先制。2本目、乱闘の中、またしても革ヘルメットに凶器を入れ、イノキに頭突きの乱打。流血ダウンしたイノキは起き上がれず、11分31秒体固めでタイに持ち込まれる。3本目はさらに大荒れの展開に。イノキはナックルでカールソンを血だるまにし両者大流血の大乱撃戦。そのまま場外でも殴り合い、1-1の無効試合に終わる。喧嘩でも一歩も引かないイノキにテキサスの観客はイノキコールを送った。

↓1票よろしくお願いします↓
クリック投票お願いします



【週刊ゲノム・ショット第47号】
デビュー1年目の猪木は気が弱かった
0411
プロレス&ボクシング 昭和37年1月号の表紙。

定価100円。

この当時は力道山のプロレスが大成功し、絶頂の時期です。

いろいろな事業を手掛け、ボクシング界にも進出しようとしていた頃です。

この号の記事を見ると、

041101

デビューして1年ちょっと、18歳の猪木さんの記事がありました。

目標の三年目(プロレス&ボクシング昭和37年1月号より)
「日本で、三年だけ修行してくる」といって、猪木がブラジルをあとにしてから二年目をむかえた。この間、まるっきりのしろうとから、前座選手、そして中堅そして、三十分一本勝負をやるまでに成長した。これほど短期間に、これまで成長したということは、猪木のなみなみならぬ素質をものがたるものだ。少年とも思えないような巨体、柔軟な足、腰−実に得がたい宝である。だが、はっきりいって、猪木は、まだこのすべてを生かしきれていないでいる。その理由の一つは気の弱いことである。

なんと、猪木さんは気が弱いと思われていたようです。

目標の三年目(プロレス&ボクシング昭和37年1月号より)
猪木とよく試合をしたミスター珍は、この猪木のファイトぶりについてこういう。「すごい力ですよ。ワシなんかまともにぶつかったら、いっぺんにふっとばされてしまう。だけど、あいつは、気が弱いから、一発張り手でもかますと、こんどはこっちのペースになるんですよ。でも、逆でもとらん限り、フォールはむずかしいですね。すごくやわらかい体ですよ」

「気が弱い」と珍さんが証言していますね。

当時から体がやわらかい事を強調されています。

たぶん、尋常なやわらかさではなかったんでしょうね。

それに、「すごい力」とも証言。

猪木さんの全盛期はあきらかにパワーファイターですね。

体の柔軟さ、テクニック、スピード、気迫等も際立っていたので、目立たなかっただけですね。

おそらく、今の中西選手のパワーよりも上だったと思います。

目標の三年目(プロレス&ボクシング昭和37年1月号より)
しかし、どうやら、このところ、猪木はすっかりやる気を出してるようだ。それには身体が七分どおりできあがったことも手伝っているし、大木が一足先にセミ・ファイナルをつとめるようになったことも原因している。いい意味でのライバル意識である。これはスポーツ選手には、どうしても必要なことだ。猪木は、大木が練習していると、いつもそのそばでがんばっている。大木がダンベルを50回あげると、同じように50回やる。決して負けたくないのだ。こう考えてくると、今年の猪木には大いに期待してよい。

馬場さんの時も、バーベルを100キロあげていたら、猪木さんは110キロあげてみせたというような感じでしたよね。

結局は負けず嫌い、気が強いということです。

041100

ちなみに、猪木さんの同期、馬場さん、マンモス鈴木さんを称して、当時は「ジャイアンツ・トリオ」と言われていたようです。
最新情報/プロレス人気ランキング

プロレス人気ランキング
 


↓IGF以外の最新記事はこちらから
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

闘魂マフラータオル

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オリジナル・チャンピオンベルト製作
〜トロフィーに代わるニューアイテム!〜
【チャンピオンベルト使用用途ベスト3】
1位 ゴルフコンペの優勝者へ
2位 結婚祝いへのサプライズプレゼント
3位 送別会での送り物
〜イベントが必ず盛り上がる!使い道、自由〜
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
抱き枕ならお任せ!オリジナル抱き枕
〜自分だけの仲間だけのオリジナルウェア〜
【オリジナルプリント専門ショップ】
Tシャツ/トレーナー/帽子/マグカップ
キーホルダー/のぼり/ストラップ
タオル/マウスパッド/クッション
バッジ/キーホルダー/ステッカー
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


abc123da at この記事を人気ブログランキングに投票23:53コメント(2)トラックバック(0)  mixiチェック
本日のIGF情報 | ゲノム・ヒストリー

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ケンケン   2010年04月12日 13:23
いつもありがとうございます。

こういう記事、すごく楽しいです。
僕の生まれた年ですよ、62年。

この時代の記事を興味深く読めるのも、
猪木が今も僕たちに夢を見させてくれて
いるからです。

うれしいことですよね。
今後もよろしくお願いします。
2. Posted by 123da   2010年04月13日 04:25
>>ケンケンさん

>いつもありがとうございます。

こちらこそ。
コメントありがとうございます。

>この時代の記事を興味深く読めるのも、
>猪木が今も僕たちに夢を見させてくれて
>いるからです。

本当にそうですね。
歩みを止めた時に人は年老いていく。
50年の歴史は長いですが、猪木さんは今なお歩み続けていますね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
熱血道
最新記事
T1honmei
猪木主演映画「ACACIA」
第22回東京国際映画祭出品作

◆「ACACIA」DVD発売中◆

「ACACIA」
アントニオ猪木
パチンコ、パチスロ機
猪木が猪木をぶっ壊す。
Categories