2011年11月02日

宮戸現場部長が改めて中邑真輔、諏訪魔に呼びかけ「強い選手のいるIGFに勇気を持って入ってきてもらいたい」

今週の週プロは猪木IGFが爆弾投下!日本トーナメント「X」枠にメジャー3団体に呼び掛け

「INOKI BOM-BA-YE 2011」11.12.2両国国技館

本日、午後2時より宮戸さんがIGF事務所で会見を開き、追加対戦カードと参戦選手を発表しました。

IGF公式サイトより
1102

宮戸さんのコメント(プロ格DXより)
「コズロフは前回の名古屋でIGFデビューし、惜しくもエリック・ハマーに敗れましたが、力量は前回だけでは測れないと思います。モンターニャーも前回のバンナ戦で、ルールがなければどれだけ強いんだという感じで、IGFのリングで成長が見えてきてる。アレキサンダーも化け物クラスで予測つかないカードですね」

前回の試合でコズロフは負けたと思ってないでしょう。WWEの時でさえああいう感じでしたから、IGFでリミッターを外したらもの凄いことになる。前回はその前に終わってしまったという感じでしょうね。

ジャパントーナメントのXについては改めて新日、全日、ノアの3団体に呼び掛けています。

宮戸さんのコメント(プロ格DXより)
「Xについては再募集します。どなたか手を挙げてくれれば。誰でもいいわけじゃなくて、こちらとしては新日本、全日本、ノアのトップクラス、もしくは若くて力のある人で、ここで名を上げて上にいきたいという野心のある選手がいいですね」

今のところ反応はないそうです。

宮戸さんのコメント(プロ格DXより)
「どの団体も本当の意味で盛り上がってる状況じゃない。決まりきった中でやるんじゃなくて、挑発的に映るかもしれないけど、手を挙げてもらえれば。これで業界の活性化につながればと思いますけどね。夏のオールスターであれだけたくさんの人の注目を集めて、今度は対抗できればプロレスファンも含めて戻ってくると思いますよ」

新日本と全日本という老舗のメジャー団体が両国の観客動員で惨敗。このままでは業界としてまずいと、危機感を持っているのがIGFです。

宮戸さんのコメント(プロ格DXより)
「(諏訪魔が三冠王座から転落し、身軽となったが?)負けちゃったんですか。枠が空いてますから、向こうにいくとか抜きに、諏訪魔選手なり、手を挙げてくれれば大歓迎です。身軽になったんなら手を挙げてもらいたいですね。このトーナメントは次代のエース候補選びですから。諏訪魔選手も全日本の枠を超えて、プロレス界のつわものだと証明するいいチャンスだと思いますよ」

諏訪魔選手に関しては次の大会は日程とかもあるようなのでわかりませんが、将来的には参戦の可能性はあるでしょう。蝶野選手も後押ししています。あとは本人がやるかどうかの問題。

宮戸さんのコメント(プロ格DXより)
「ファンが求めているのは闘いの部分。手をつないで仲良くが本来のプロレスじゃないですよ。Xが3団体の中から決まるのが望ましいですね。そこにこだわってはかりもいられないので、あと1週間待ちます」

「ALL TOGETHER」という趣旨があるとは思いますけどね。試合前に3団体で仲良く歌う姿が東スポの1面になってショックを受けました。

宮戸さんのコメント(プロ格DXより)
「(かつて猪木代表に喧嘩を売った中邑真輔については?)ウチの人間は強いですからね。それにバンナがいて、ジョシュもいる。勇気を持ってこの中に入ってきてもらいたい。IGFの強者の中で結果を出すのは簡単じゃないですよ。一回うやむやになってるので、期待できない。本人があの時、やっておけばという思いがあれば、こちらも大歓迎です。面白いと思うし、前向きに考えたい」

マスコミは中邑選手とか諏訪魔選手についてIGFに聞いてくれるのはいいんですけど、向こうにも聞いてもらわないと一方通行となってしまいます。

宮戸さんのコメント(プロ格DXより)
「Xはファン、マスコミの期待がそこに繋がるかもしれない。ファンが期待してくれたら、腰の重い団体もやるかもしれない。こちらもそこに踏み込んでいきたいですね。夏にALL TOGETHERとIGFがあって、ファンの望む闘いに繋がってると思いますから、そこに入ってもらえれば、近年見られなかったプロレスができるんじゃないかと思います。そこに意義、可能性を感じるレスラーがいたら手を挙げて欲しいです。3団体が関われば、10何年間、プロレス界が忘れていた闘いが、本来のプロレスが甦ると思います。力があるのにくすぶっているギラギラした選手がいたら、名前がなくても大歓迎です。我々はプロレスの未来のために前に向かいたい」

IGFの基本は「やるのかやらないのか」という意志の部分が先。

実際にやるかどうかという部分はその後の交渉になります。

友好関係にある団体どうしであれば、先に交渉しておいて裏側で決めてから「やるのかやらないのか」と。それで「やる」というような流れもあるんでしょうが、猪木さんの場合は常に真剣勝負ですからね。感情に筋書きなんてないんです。アリ戦の時のように「やる」という意志確認をしてから交渉に入るという。

猪木さんや宮戸さんからすれば、プロレス界に闘いを戻すために選手の意識を変えようとしてるんでしょう。本来プロレスラーに限らず誰でも闘争心を持ってるわけで、挑発されたら「ふざんけんな」っていうのが当たり前。

ところが、怒ってる選手や挑戦したいという選手はいるはずなのに自己主張もできない。団体が完全に押さえつけてしまう。

ですから、中邑選手や諏訪魔選手の猪木発言だけを見ればプロレス界にとっては素晴らしい事で、即反応するIGFも素晴らしい。中邑選手の時は小川選手もすぐ「やる」と言いましたからね。

IGFとしては単なる呼びかけではなくて、ちゃんと受け入れると。受け入れるということは、団体との交渉からプロとして当然のギャラも提示するということですから、ぜひ勇気を持って名乗り挙げて欲しいですね。→最新情報/プロレス人気ランキング

↓最新情報はこちらから↓
1102b
プロレス人気ランキング

↓IGF以外の最新記事はこちらから
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オリジナル・チャンピオンベルト製作
〜トロフィーに代わるニューアイテム!〜
チャンピオンベルト 製作
【チャンピオンベルト使用用途ベスト3】
1位 ゴルフコンペの優勝者へ
2位 結婚祝いへのサプライズプレゼント
3位 送別会での送り物
〜イベントが必ず盛り上がる!使い道、自由〜

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
彩のオリジナルプリント
抱き枕ならお任せ!オリジナル抱き枕
〜自分だけの仲間だけのオリジナルウェア〜
【オリジナルプリント専門ショップ】
Tシャツ/トレーナー/帽子/マグカップ
キーホルダー/のぼり/ストラップ
タオル/マウスパッド/クッション
バッジ/キーホルダー/ステッカー
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

abc123da at この記事を人気ブログランキングに投票21:00コメント(16)トラックバック(0)  mixiチェック
宮戸優光 | ジョシュ・バーネット

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 闘魂   2011年11月02日 22:21
参戦が実現したら日本人同士の熱い闘いが見れそうですね。
猪木さんのインタビューにもありましたがジョシュは強いけど余韻が残らないんですよね。
かつてのアントニオ猪木の試合は違います。
ミルコ参戦やK1勢のプロレスにもどうも乗れません↓
2. Posted by 吉村   2011年11月03日 06:22
中邑真輔選手なら来て欲しい。
3. Posted by アントニオ猪木の大ファンだったけど!   2011年11月03日 08:26
昔、国プロが猪木に挑戦状を叩きつけたときに、格下相手の売名行為には乗らない!と断言したことがあったけど。因果は巡り巡って、よく言えたもんだ!
所詮、薬乱!鈴川の知名度アップのための売名行為。自力でもっと澤田を売り出すことを考えるべき。
4. Posted by 世間への発信力   2011年11月03日 12:07
売名ではないでしょう。良い意味か悪い意味かはさておき、鈴川は今のプロレス村のサラリーマンレスラーよりは知名度があるし。

プロレスラーならIGFの世間への発信力を利用して天下を取ってやるくらいの気概(野心)が欲しいものです。でも今のプロレス村のサラリーマンレスラーにそんな魅力を持ったレスラーがいるか疑問。
5. Posted by 懐かしのUインター   2011年11月03日 12:43
まず一億円をテーブルに積み上げるところから始めないと。
6. Posted by (^o^)/   2011年11月03日 12:50
売名とかじゃなくて
中邑に関しては本当に欲しいんでしょ
7. Posted by アンドレ・ザ・カンドレ   2011年11月03日 13:07
中邑選手や諏訪魔選手がもし来るのであれば、鈴川選手や澤田選手には申し訳ないですが、本気で来るなら受けてやるぜ!と小川選手と藤田選手がIGF側で出てきて欲しいですね。話は変わりますが、猪木さんの試合は勝った試合よりも負けた試合(ゴッチ戦、ボック戦、ホーガン戦、長州戦などなど)やベイダー戦を良くDVDで見ます。また、橋本vs小川は全て何度も見ましたけども、昨今のプロレスは見る気にもならないので、是非IGFには、シュツットガルトの惨劇的なストロングスタイルのプロレスを実践して頂きたいところです。
8. Posted by スクラムハーフ   2011年11月03日 16:02
5 プロレス業界自体が、どこに目鼻や口が付いてるのかなというくらいにその形態や素性の分かりにくい混沌としたその過渡期にある今、宮戸さんのようにあえて、こういう呼び掛けのすることのできる人は、他にはそういないと思いますよ(そのことをその言葉面だけを取って安直に迷惑と批判する向きもありますけど)

宮戸さんが団体の垣根を越えて、こうした呼び掛けをするというのは、紛れもなく本当の意味で今のプロレス界を背負って立つべき人間に出てきてほしい、その期待感に他ならないものだと、、
どこの所属であることとか離脱云々という話ではなくて、そういう“闘いのある場”を提供するということのメッセージに対する気概のある、真摯なリアクションを待ってるんだと思いますよ
9. Posted by 吉村   2011年11月03日 16:08
ヤジが気に入らないからと
マイクを観客席へぶつけるような選手は
獲るべきではない。
こういう時は、かつての新日本のように会場から摘まみ出す。
そんな発想が無くマイクを投げて眼に当たったら、どう責任をとるのか。
こんな今どきのキレ易い子とは関わるべきでは無い。
絶対にトラブルを起こすと思います。

来るなら中邑真輔選手だけで良いと思います。

そしてタカクノウ選手、定・鈴木・澤田選手、カシン・藤田選手にチャンスを与えて欲しい。
10. Posted by 宮戸ゲノム   2011年11月03日 17:34
IGFの考え方は好きですしファンだから支持もしたい、もちろん理解もできる
ですが他団体やそのファンは関わってほしくないというのが本音のようですね

IGFのレスラーと他団体のレスラーでは道場でやっている事がかなり違うと思いますし

ファンもプロレスラーとは強い・弱いではなく、上手く出来るか・しょっぱいかで評価してるのでは?
ファンが「ガチンコやるわけじゃないのに、格闘家である必要はない」という考え方を持つのは普通の感覚かもしれません
それ自体はもうしょうがない事かと
ファンを育てるのは団体だと思いますから
ファンをどういう見方にさせるかも団体
だからそこのファンにいくらアピールしても…
もちろん、「IGFの試合は全部シュートでやってる!」とかイタイこと言ってるわけではありません(笑)

プロレス界を盛り上げたいという気持ち+他団体側に対し「本当はプロレスはそうじゃないんだよ!」とIGFは言いたいのでしょうけど…

こうなった以上、Xは定、クノウではインパクト的にはダメですかね?
やる気があるならフリーのレスラーや格闘家とかも有りでは?
鈴川には不穏な空気を作り出してほしいので、それに見合った相手を期待したいですね
11. Posted by ロディ   2011年11月03日 19:16
5 宮戸ゲノムさんの言うとおり、どうやら今のALL TOGETHERファンは上手いか塩かでレスラーの価値を決めてるようですよ。

いろんなサイトの意見を吟味したら、どうもそうみたいです。
言い方変えると上手いか大根かということでレスラー=役者の見方してるようです。

レスラーの価値にゴツゴツしてるけど迫力あるとか粗削りだけど腕っぷしが強いとかなんていうところを認めないようです。

サーカスプロレスが根付いた今となっては華麗な技の応酬くらいしか興味ないのでしょうね。
ある意味全日本の四天王プロレスからの流れでしょうね。
IGFはそこと一線画す方向でこれからもやってほしいですね。
12. Posted by (-.-)y-~~~   2011年11月03日 19:58
中邑…是非、IGFに欲しいねぇ♪
13. Posted by 炎魂   2011年11月03日 22:03
他団体(国内)のプロレス上手なチャンピオン達よりミルコなりK1勢の方がガチ強いんで、IGF参戦は大歓迎です。プロレスラーの強さを復活させる為にも、いろいろな格闘技から強豪達を集めプロレスの闘いのレベルの底上げが今は必要不可欠でしょう。それが出来るのが唯一IGFと言う事です。猪木さんはプロレスラーは本当は強いと言う事を、何れ分らせたいのでしょう。


14. Posted by 吉村   2011年11月04日 01:18
>他団体(国内)の
>プロレス上手なチャンピオン

プロレス上手なんていますか?
居ないでしょう
本当にプロレスが上手なレスラーは
日本国内に限定すれば、
力道山・アントニオ猪木・タイガーマスク(初代)だけだと思います。
それ以外のは、ただの技の見せっこ。
私も猪木さん同様、観てた時
背中向けましたもの。
15. Posted by 炎魂   2011年11月04日 11:48
吉村さん3人だけですか、何故、火の玉小僧がその中に入ってないのですか?w 只、私の言っているプロレス上手なチャンピオンの意味を勘違いしていませんか?上で他の方も書いてますけど最近のプロレスファンはプロレスとは強い・弱いではなく、上手く咬みあった試合が出来るか、しょっぱい試合しか出来ないかでレスラーを評価している部分が多々あるので、そう言った意味で、他団体のプロレス上手なチャンピオン達と表現しただけです。猪木さんは咬みあった試合+強さもありました。その+強さが今のプロレスには一番必要でしょう。だからいろいろな強豪達を他の格闘技からも受け入れる今のIGFの姿勢や方向性に期待が持てるワケです。
16. Posted by 吉村   2011年11月04日 16:47
そうでした肝心の吉村道明さんを忘れてた。

私は最近のプロレスファンの観方というか
感性は好きではありません。
彼らが絶賛する試合や選手を見ても
「えっ、こんなの何所か?」
となってしまうんです。
親戚宅で某深夜枠の番組の録画を見せられた時、余りにもの変貌ぶりに
「こんなの見たくねえよ、好い加減にしろよ」
と言って背中を向けてしまいました。
IGFだけは安心して観られます。
見ててホッとする。
・・・・・という訳なんです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
熱血道
最新記事
T1honmei
猪木主演映画「ACACIA」
第22回東京国際映画祭出品作

◆「ACACIA」DVD発売中◆

「ACACIA」
アントニオ猪木
パチンコ、パチスロ機
猪木が猪木をぶっ壊す。
Categories