2012年01月21日

IGF宮戸現場部長が桜庭再生に乗り出す!大晦日のファイトは大絶賛

猪木がブロック・レスナーvsボブ・サップ戦を提案!リョートをINOKI GENOMEの核に・・・週刊IGFの歴史【3】2006年7月4日

「GENOME18」12.2.17東京ドームシティホール
「GENOME19」12.3.20福岡国際センター

大スポによりますと、宮戸現場部長が桜庭選手のIGF継続参戦を後押ししたそうです。

0121宮戸さんは大晦日の試合を大絶賛しています。

宮戸さんのコメント
「レフェリーが見切れないくらい闘志が交錯していた。最近ピークを過ぎたと言われていた桜庭がある意味、再生した。試合後リングの中は殺伐とした乱闘状態になった。『これがプロレスだ』と実感してくれたんじゃないか。僕はいつでも(桜庭選手の本格参戦は)OK」

宮戸さんと桜庭選手はUインター時代の先輩後輩に当たります。

桜庭選手は中央大学4年の夏休みにUインターの入門テストを受けたわけですが、その時に試験管を務めたのが宮戸さん。

宮戸さんの中では合格としたものの、「今すぐ大学を辞めて来るなら入れてあげるよ」と桜庭選手の本気度を試しました。

桜庭選手はそれを真に受け、両親を説得。1年留年し、あと残り半年で卒業だった大学をキッパリ辞めて入門。これには宮戸さんも驚く。

半分冗談で言ったつもりかもしれませんけど、宮戸さん自身が大学を辞めてプロレス界に入ってますからね。前田さんには「勝手に辞めて」と凄く怒られたそうですが、結果的に良かったという経験が宮戸さんにはありました。

この前、猪木さんが言っていた「来るべきタイミング」という運でしょう。

そうは言っても、大学を辞めさせてまで、という責任を感じるわけです。宮戸さんは桜庭選手を一人前のプロレスラーにしようと必死で鍛え上げました。

逆に宮戸さんの方が桜庭選手によってキッパリ辞めたこともあったそうです。

宮戸さんはUインターを離脱し一時、中華料理の道を目指すわけですが、レスラーとして引退試合をしたわけでもなかったので、2年ぐらい経ってからまた練習を始めたんですよね。練習していくうちに「まだまだやれるんじゃないか」と思った宮戸さんは、久々に桜庭選手を誘って本格的にスパーリング。そこで弟子の成長ぶりと自分の甘い考えを痛感したらしいです。

宮戸さんはその桜庭選手とのスパーリングを機にプロレスラーとしての引退を決意しました。

その後も交流はあったようで、宮戸さんがIGFに入ってからもスネークピットキャラバンの特別版の講師として桜庭選手が来た事もありましたよね。

先日の大晦日ではIGF側でありながらも桜庭選手の控室を訪れ「デビュー戦のつもりで目いっぱいやってほしい」と激励したそうです。

桜庭選手もそれに応えるように真剣勝負を挑んできました。思わずIGF側の宮戸さんが桜庭選手に指示してましたよね。それだけ桜庭選手に思い入れがあってIGFでの再生を狙っていたんでしょう。

今は澤田選手が再戦を要求してますが、IGFには鈴木選手もいますし、トップどころではバンナを筆頭に藤田選手やジョシュらもいるわけですから、そこに桜庭選手も加わってくれればよりいっそうおもしろくなります。組み合わせを考えるだけでもワクワクしますね。
最新情報/プロレス人気ランキング

↓最新情報はこちらから↓
0116b
プロレス人気ランキング

↓IGF以外の最新記事はこちらから
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オリジナル・チャンピオンベルト製作
〜トロフィーに代わるニューアイテム!〜
チャンピオンベルト 製作
【チャンピオンベルト使用用途ベスト3】
1位 ゴルフコンペの優勝者へ
2位 結婚祝いへのサプライズプレゼント
3位 送別会での送り物
〜イベントが必ず盛り上がる!使い道、自由〜

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
抱き枕ならお任せ!オリジナル抱き枕
〜自分だけの仲間だけのオリジナルウェア〜
【オリジナルプリント専門ショップ】
Tシャツ/トレーナー/帽子/マグカップ
キーホルダー/のぼり/ストラップ
タオル/マウスパッド/クッション
バッジ/キーホルダー/ステッカー
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

abc123da at この記事を人気ブログランキングに投票22:51コメント(2)トラックバック(0)  mixiチェック
宮戸優光 | アントニオ猪木

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 宮戸ゲノム   2012年01月22日 10:27
自分が長年思っている事は宮戸さんの業界での評価がもっともっと高くて良いという事。
低すぎるくらいです。

今のプロレスラーは基本となるべきはずのプロレスの“レス”の部分を持っていないですよね?
なぜ疑問に思わないのか不思議です。
正当なキャッチを受け継いでいる選手がごくわずかなのが悲しい。

宮戸さんの考えは猪木イズムそのものだと思います。
レスラーは格闘家、リングで戦いを見せるという。

宮戸さんの弟子でIGF参戦経験のある、金原、松井がDEEPで同門対決をする事が決定しましたね。
宮戸さんがUインターで作り上げた物が今も違うリングで生きているというのは本当に素晴らしい。
もちろん、個人で培ってきた物もあるかと思います。ですが、基礎であったり、プロ・レスラーとは何かという部分は宮戸さんが特に教えてる事だと。

今度、霧の若がデビューしますが、宮戸さんは本当は早期デビューはさせたくない、というのが本音ではないでしょうか?

プロレスの“レス”の部分が追い付いてなく、プロレスラーになる、プロレスラーと名乗るという事はそんな簡単な事ではないという意味で。

ただ、鈴川もそうですが大相撲から来ている選手は、ジム生などが経験していない部分をすでに持っているのでプロとして客前に出せるというのがあるのかもしれません。

宮戸さんには“本当のプロレスラー”を一人でも多く育成し、その技術がずっと受け継がれていく事を願ってます。

毎度の事ですが、長文失礼しました!
2. Posted by バーバリアン   2012年01月23日 00:45
打撃や寝技を極めた一流プロレスラー達の闘いが見たいのは当然としてありますが、ナチュラルに強い人間離れしたモンスター級のカリスマなプロレスラーも現れてほしい。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
熱血道
最新記事
T1honmei
猪木主演映画「ACACIA」
第22回東京国際映画祭出品作

◆「ACACIA」DVD発売中◆

「ACACIA」
アントニオ猪木
パチンコ、パチスロ機
猪木が猪木をぶっ壊す。
Categories