2012年02月20日

前田日明がアントニオ猪木を語る「猪木さんはプロレスを進化させて総合格闘技のようにしたかったはず」

猪木が新日本に大激怒「バカかっ!!」・・・週刊IGFの歴史【5】2006年7月16日

「GENOME19」12.3.20福岡国際センター

今日のデイリースポーツに前田さんのインタビューがあります。その中で猪木さんについても語っています。
0220

猪木さんとマードックだけは「やれるんだったら何でも来いよ」っていう感じで「何でもプロレスにしてしまう天才」だったと、この部分は週プレのインタビュー内容と同じでちょっと詳しく答えてるような感じですね。

佐山さんからは「猪木さんはプロレスを進化させて、今でいう総合格闘技のようにしたいんだよ」とよく聞いていたということで、「猪木さんもプロレスだけやっていればそうなっていたと思う」と語っています。

実際に前田さんがデビューする前の昭和52年ぐらいに猪木さんは「世界格闘技協会」を設立してやろうとしてましたよね。佐山さんにも打撃の特訓をさせてました。あれは提携していた全日本キックが分裂したためになくなった感じですかね。

その他、藤波さんやアンドレの事や再旗揚げするリングスの活動についても。詳細は紙面にてご確認ください。→最新情報/プロレス人気ランキング

↓最新情報はこちらから↓
0127b
プロレス人気ランキング

↓IGF以外の最新記事はこちらから
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オリジナル・チャンピオンベルト製作
〜トロフィーに代わるニューアイテム!〜
チャンピオンベルト 製作
【チャンピオンベルト使用用途ベスト3】
1位 ゴルフコンペの優勝者へ
2位 結婚祝いへのサプライズプレゼント
3位 送別会での送り物
〜イベントが必ず盛り上がる!使い道、自由〜

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
抱き枕ならお任せ!オリジナル抱き枕
〜自分だけの仲間だけのオリジナルウェア〜
【オリジナルプリント専門ショップ】
Tシャツ/トレーナー/帽子/マグカップ
キーホルダー/のぼり/ストラップ
タオル/マウスパッド/クッション
バッジ/キーホルダー/ステッカー
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

abc123da at この記事を人気ブログランキングに投票11:45コメント(7)トラックバック(0)  mixiチェック
アントニオ猪木 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by デモリション   2012年02月20日 20:51
前田日明の猪木さんに対する微妙な思いも面白いですね。

前田は、よく、猪木さんに対して悪口も言うけど、やはり心の中では尊敬しているんでしょうね。

一度、前田は、居酒屋で一人で飲んでいたら、地元のヤクザ者3〜4人が猪木さんの文句を言っていたという。
最初は黙っていたけど、ついに頭にきて、そのヤクザ達と一触即発、あわや喧嘩一歩手前になった事があったと言います。

猪木さんに対して、散々、批判的な発言をする。
でも、他人が猪木さんのことを悪く言うのは許せない。

なんだかんだ、前田は、やはり猪木さんの事を尊敬しているのでしょうね。
そして、今の自分があるのは、猪木さんのおかげだと感謝しているのでしょう。
2. Posted by ロディ   2012年02月20日 22:10
僕の前田に関しての想いはかなり複雑なモノがあるのですが、印象に残ってるエピソードが。
なにかのトークイベント中に猪木さんの話になり、例によって前田が批判めいた口調で話していると、同席していた藤原組長が「なんだかんだ言ってお前も猪木さんが好きだろうが!」と茶々を入れていたというのがありました。

そばにいた組長の言葉が全てを物語っているように思います。

僕にとっては前田は永遠に理解できない人種ではありますが。(^_^)
3. Posted by 斎藤   2012年02月20日 22:53
前田もリングスを再旗揚げするから、宣伝活動が必要でしょ。猪木さんの名前を出す事がメディアに取り上げてもらえる事を理解してるんでしょ。ただ猪木批判をしてメディアに取り上げて貰おうとする選手の事を、冷ややかに世間一般は見抜いてる事を前田は理解した方が良い
4. Posted by デモリション   2012年02月21日 00:31
>ロディさん 斉藤さん

こんばんわ、初めまして。
ご意見どうもありがとうございます。

ロディさんのトークイベントのお話・・・
なるほど・・そんな事が・・
しかし、何故、前田は、こういつも猪木さんの批判ばかりするのでしょうね?
UWFを立ち上げた時、猪木さんが来なかった事を現在に至るまで延々恨み続けてるんでしょうか?

それとも、斉藤さんのおっしゃるように「猪木批判」をすれば注目されるという売名目的で猪木さんの批判を続けるのか・・

まあ、批判と言うか、誰に対しても歯に衣を着せない言動は、前田日明の『性格』ですけど・・・・

前にも書かせてもらいましたが、猪木さんと前田の『直接対決』に関しては、どう見ていますか?

これは、できれば皆さんにお聞きしたいんですが・・・

機運が盛り上がった時がありましたよね。
80年代に。
年齢的なハンデを挙げての事なのか「前田有利」を唱える人は多いですよね。

自分は・・・

大方の予想とは反して、猪木さんが勝利したのでは・・、と見ています。

それを挙げる理由は、土壇場で見せる猪木さんの『キラー』ぶり。
百戦錬磨であり、試合巧者の猪木さんの非常な攻撃、目玉を抉るなどの攻めに前田が怯んだのでは・・・・

前田は、攻めてる時は強いが、攻撃を受けると脆い面があったから・・・
5. Posted by アンドレ・ザ・カンドレ    2012年02月21日 19:39
猪木は基本的に前田のことが好きなんでしょう。後継者は前田を考えていたくらいですので。しかし、前田は猪木に好かれたくはないんだよという様な姿勢で居た方が「前田日明」としては当然という感覚だろうと思いますね。ずっと反抗期で居たいというかね。猪木が馬場を商売敵として敵対視していたようなことで。まぁ非常に狭い業界の同業者ですし、元々は同じ団体に居たわけですから。 それと『直接対決』については、目を抉ったりはせずとも、勝つのは間違いなく「アントニオ猪木」です。もし万が一の内容になっても勝つのは「アントニオ猪木」です。プロレスのリング場であれば。前田も強いし魅力的なレスラーだったでしょうけども、全てにおいて「アントニオ猪木」と比べるには程遠いですよ前田ファンには悪いけど。
6. Posted by デモリション   2012年02月21日 21:05
>アンドレ・ザ・カンドレさん

こんばんわ。ありがとうございます。
なるほど・・、面白いですね。

そうですね、個人的にも猪木さんと前田日明ではレスラーとしても格闘家としても『格』が違うような気がします。
打撃は、前田も、当時としてはかなり秀でたものを持っていましたが、猪木さんと前田では寝技に大きな差があったんじゃないかな。

それとこの場を借りて、どうしても一つ主張しておきたいのが、猪木さんが前田との『直接対決』を避けていたという説に、どうしても納得がいかないという事ですね。

YOU TUBEでも流れていたので、知っている方もいると思うんですが『猪木VS前田』の機運が盛り上がったあの時、猪木さんと新間寿氏との電話での会話で、こんなやり取りがあった事をご紹介しておきましょう。

新間「社長、あんたホントに前田とやるつもりですか?
前田、殺すつもりで来ますよ」

猪木「殺すつもりって言ってもなぁ。

それじゃ、俺も殺すつもりでやらなきゃしょうがねぇだろ?」

アントニオ猪木は、実は『対 前田戦』に向けて、徐々に臨戦態勢を取っていた・・・。

『猪木VS前田』は直前まで決まりかかっていたのですよね・・。
7. Posted by (°□°;)   2012年02月21日 23:25
管理人さん、こんばんは!
いつも読ませて頂いてます(^_^)v
更新頑張って下さいね!

しかし、管理人さんは寛大ですね(苦笑)
…意味わかりますよね?(笑)

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
熱血道
最新記事
T1honmei
猪木主演映画「ACACIA」
第22回東京国際映画祭出品作

◆「ACACIA」DVD発売中◆

「ACACIA」
アントニオ猪木
パチンコ、パチスロ機
猪木が猪木をぶっ壊す。
Categories