2012年02月22日

前田日明が猪木IGFを語る「宮戸のやり方がダメなんだ」

今週の週プロはIGF王座戦でグローブを外したバンナにアーツが挑戦!将軍岡本デビューと鈴川、鈴木、澤田の3Sが激闘

「GENOME19」12.3.20福岡国際センター
「GENOME20」12.5.26東京ドームシティホール

本日発売のKAMINOGEvol.3で前田さんの対談インタビューがあり、IGFについて語っている部分があります。

大晦日のタッグマッチについて聞かれると、個人的な見解だけどと前置きした上で、「あんな感じになるならやらない方が良かった」と、「両方とも中途半端だった」と語っています。

裏を返せば意義のある試合だったとも取れますね。面白いのが、「IGFの連中はまだ・・・」とちょっとIGFの方が良かったようなニュアンスで言いかけて「いや、あれも尻切れトンボやった」と。この前のDVDのトークイベントでも言ってましたけど、「細心の注意を払ってヤバいことをやらないとダメ」だそうです。

ただ、「今のIGFのようなやり方はダメ!」と断言。何がダメかというと、鈴川×コールマン戦は「だまし討ちだから」だそうです。

「俺はだまし討ちなんか一回もやったことない」、「やる前にやりますよ」と言ってからやったと。

それは「宮戸がダメなんですよ」と、Uインターの高田×北尾戦やトレバー・バービック戦を例に出して「だまし討ちばかり」「それはプロレスじゃない」と宮戸さんを批判しています。

2010年9月26日発行九スポより
九スポ100926

まあ、Uインターの事はさておき、鈴川×コールマン戦の何を指してだまし討ちとしてるのか分かりませんけど、あれはだまし討ちでもなんでもなく、鈴川選手のデビュー戦ですから。

簡単な話でコールマンが舐めてたんですよ。それに鈴川選手が怒ったっていうだけです。

鈴川選手は試合前からコールマンの事を知っていて、リスペクトもして、だからこそ死ぬ思いでトレーニングしてきたわけです。

ところが前日の夜、コールマンは酒飲んで騒いでたわけでしょう。鈴川選手からすれば、こっちは真剣に挑もうと摂生して必死に練習してきたのに「舐めるのもいい加減にしろ」と、「そっちがそうならやってやる」って言ったのがあの猪木酒場での乱闘。

結局、調整不足のコールマンがスタミナ切れて戦意喪失したわけですから、だまし討ちというより大阪で前田さんが佐山さんとやった試合と同じですよ。鈴川選手はルールの中で必死に闘っただけです。

前田さんはかつての新日本がなぜそういうヤバい空気を作り出していたかという事に関しては、猪木さんと小鉄さんのルーツがテネシーにあったからだと分析しています。

これはゴン格でも言ってましたね。

前田さんのコメント(ゴン格2009年8月号より)
「俺らが習った技術というのは今のプロレスラーがやっているものとは違うんだよ。どう違うかと言うと、俺らを教えていた世代はすぐ上だったら山本小鉄さんとか猪木さんで、1950年代にアメリカでサーキットしていたレスラーだった。50年代のアメリカがどういう国からと言ったら、公民権運動以前の時代で、昔の南アフリカと一緒。人種差別は当たり前で、白人が行くレストランとトイレ、有色人種が行くレストランとトイレが違うんだよ。そういう時代で、しかも太平洋戦争の直後。山本さんと猪木さんが回ったのはテネシー州で、太平洋戦争の戦死者が多い地域で、特にアジア人に対する差別が酷かった。プロモーターからもファンからもそういう最低な扱いをされるんだよ。試合をやったらプロレスなのに、相手が技を受けてくれず、思い切りバチンバチンとやられる。そんな環境から自分の身を守るために山本さんたちはコレ(指でピストルの形を作る)を勉強したんだよ。だから違う。今のプロレスラーは、それが分かってない。昔の新日本がなぜそういうものに凝り固まったか。猪木さんとか山本さんがテネシー州で自分に力がないと白人とちゃんと試合ができないことを身に染みて分かったから、中途半端なことをやっていると壊されてしまうからだよ。いざとなったらバキっと壊してしまうくらいのものを身に付けないと、自分がやられるし、普通のプロレスも満足にできなかったんだ」

今回のインタビューでもそいう歴史をわかってないんだと、猪木さんたちは「命懸け」で闘ってきたんだと語っています。

猪木さんは1960年のデビューですから、1950年代というのは間違いで、ちょっと時代がズレているような気もしますけどね。

話は飛んで、長州顔面蹴撃事件で猪木さんから「プロレス道にもとる」と言われた事に振られると、「おまえはグレート・アントニオの顔、ガンガン蹴ってたやないけ!」と反論。「(グレート・アントニオは)何も口出しできないよ、猪木さんはプロモーターだから。だって、選手のほうがプロモーターに手を出したっていうと、それが世界中に回って試合できなくなるからね。そんなズルしちゃだめですよ」と相変わらずの持論を展開しています。

1対1の勝負の中で相手の顔面を蹴るのと、試合権利のない者が手足の塞がった相手の背後から顔面を蹴るのでは全く違います。一緒にしないで欲しいですけどね。

それに前田さんはグレート・アントニオを知ってるんですかね?

グレート・アントニオが

なぜ、ゴッチさんやビル・ミラー、アンドレに制裁を受けたのか?

なぜ、あれだけ日本中の人気者になったのに力道山によって強制帰国させられたのか?

知っていて言ってるならいいですけど、グレート・アントニオを使うプロモーターはどこにもいませんでしたよ。

ちなみに、新間さんによると試合後に猪木さんから聞いた話ではグレート・アントニオの方が先に仕掛けてきたそうです。

今回のKAMINOGEでは前田さんの対談インタビューが結構長く掲載されています。IGFについて語るのは珍しいですね。金原選手の興行に一度はヴォルク・ハンの出場をOKしたにもかかわらず結局「ダメ」とした理由も語っています。その他、武藤選手のインタビューでもちょっと猪木さんやIGFについて語っています。詳細は誌面にてご確認ください。→最新情報/プロレス人気ランキング

↓最新情報はこちらから↓
0127b
プロレス人気ランキング

↓IGF以外の最新記事はこちらから
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オリジナル・チャンピオンベルト製作
〜トロフィーに代わるニューアイテム!〜
チャンピオンベルト 製作
【チャンピオンベルト使用用途ベスト3】
1位 ゴルフコンペの優勝者へ
2位 結婚祝いへのサプライズプレゼント
3位 送別会での送り物
〜イベントが必ず盛り上がる!使い道、自由〜

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
抱き枕ならお任せ!オリジナル抱き枕
〜自分だけの仲間だけのオリジナルウェア〜
【オリジナルプリント専門ショップ】
Tシャツ/トレーナー/帽子/マグカップ
キーホルダー/のぼり/ストラップ
タオル/マウスパッド/クッション
バッジ/キーホルダー/ステッカー
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

abc123da at この記事を人気ブログランキングに投票21:52コメント(11)トラックバック(0)  mixiチェック
アントニオ猪木 | 宮戸優光

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 片岡   2012年02月22日 22:11
前田。いい加減にしろや。会社潰し続けた、お前が他人を批判する資格ないぞ。恥ずかしい人間に成り下がったなあ
2. Posted by とおりすがり   2012年02月22日 23:47
前田、貧すれば鈍する…頭大丈夫か?
宮戸いなけりゃ今頃IGFはUFOと大差ねーぞ!
そういって実はIGFと絡みたいんじゃねーか?
3. Posted by アリ   2012年02月23日 00:45
初ですいつも楽しく見させてもらってますm(__)m 個人的に宮戸さんの本も買って読んだ事あるしめっちや尊敬してますIGFわ最後のプロレスと格闘技の世間に認められた団体にしたのわ宮戸さんの影響がかなりある思いますよ 格闘王わアマチュア育成だけでプロレスにわ絡まないで欲しいです
4. Posted by 弥次郎   2012年02月23日 14:02
全面同意です!
前田はプロレス・格闘技の両方に泥を塗り続けている!
借金をつくらない主義だから今度のリングスもどうせ儲からないとわかった時点ですぐ畳むんでしょうね。
さっさと潰れろ!
5. Posted by プロレスは格闘技   2012年02月23日 14:30
前田の言ってることはいつも変わらないな。
ただ、事実と推測がゴチャゴチャになってる印象。
思い込みの激しい性格なんだろうなあ。

正しいか間違っているかはさておき、猪木のことを忌憚なく話す人が少しはいてもいいかなとは思う。
前田に一言言うとすれば「葉巻の吸いすぎには気をつけましょう」(笑)。
6. Posted by ひで   2012年02月23日 17:13
グレートアントニオが仕掛けたうんぬんですけど、
あれはロープ際で背を向けた猪木の背中から首筋の間にアントニオが数発「手加減無しで腕を振り下ろした」事に切れたんだと思うけどね。
のらりくらりと適当な試合してんのにも腹が立ってた上でそういう事されたらね、そりゃ切れますわw
7. Posted by ロディ   2012年02月23日 20:42
前田に関してはもういつものことだから。
まだ今回はフォローがあっていい方ですね。

ただ僕は宮戸氏が支援したことで日本人選手の実力がUPしてるのは間違いないと思います。
やはりプロレスラーは強さがあってナンボの商売だと思います。
8. Posted by 宮戸ゲノム   2012年02月23日 21:56
今までいろいろありましたが、結局は猪木、前田、宮戸「プロレスラーはシュートありき」この一言に集約されるのでは。


宮戸さんはやりたい事をIGFで本当に出来ているんでしょうか?
どこかセーブしている印象が…

先日のGENOME18の後ろ3つの試合を見て思ったのが「宮戸さん的にはOKなの?」て事でした。
9. Posted by アンドレ・ザ・カンドレ    2012年02月23日 22:55
まぁ前田の話は、毎回同じこようなこと聞く方が稚拙っていうことじゃない?聞かれたら前田も同じように答えてるだけだろうしね。
と、グレートアントニオは猪木がわざわざ呼んだのでは無さそうですが、一応当時は社長としてO.K.出して、尚且つ自らシングルで対戦しているところを考えると、昔の名前で出てきちゃった自称「グレート」なアントニオを真にグレートなアントンが初めから若干イジめてやろうかな風な気分だったのではないか? だから初めからキレに行ってると思うあの試合は。 あと、宮戸さん云々よりIGFには今みたいな「猪木劇場」をもうやめて欲しい。ご本人が出たがりなのか周りの意向か分かりませんが、猪木社長には竹刀持ってビシッと観戦して頂く方が宜しいと思います。
10. Posted by デモリション   2012年02月25日 01:47
ホント、いつもいつも文句ばっかり言っている人ですね?

この男は常に誰かに対して批判や悪口を言っていなければ、気が済まない人間なんでしょうか。
11. Posted by 燃える闘魂   2012年02月25日 21:52
前田って猪木もプロレスも興味もなく嫌いと言ってるくせにやたら詳しいんだよね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
熱血道
最新記事
T1honmei
猪木主演映画「ACACIA」
第22回東京国際映画祭出品作

◆「ACACIA」DVD発売中◆

「ACACIA」
アントニオ猪木
パチンコ、パチスロ機
猪木が猪木をぶっ壊す。
Categories