2012年08月18日

プロレスは格闘技、闘い!ジェロム・レ・バンナとジョシュ・バーネットが猪木IGFのプロレスを語る

IGFが怒りの緊急会見で新日・菅林社長を痛烈糾弾!桜庭&柴田は急転直下IGF参戦も

「GENOME22」12.9.29愛知県体育館

IGFのプロレスについてバンナとジョシュが語っているインタビューがありましたので紹介します。

081800
INOKI GENOMEパンフより     
  −−あのー、アントニオ猪木曰く、「プロレスと格闘技は同じものである」と言ってます。ジョシュさんはこの言葉を聞いてどう思いますか?
ジョシュ・・・「ファイティング・イズ・ファイティング、闘いは闘いだよ。もちろん、スタイルの違いがあるのはわかってるよ。いろいろあるからね。ただ、スピリット(精神面)の強さがあれば、どんなスタイルでも闘えるからね。つまり、勝とうが負けようが引き分けようが、試合を重ねることで強くなっていくことに変わりはないからね」
  −−ジョシュは、本当に「プロレスと格闘技は同じものである」と思ってます?
ジョシュ・・・「思ってるよ。全部同じさ」
  −−ルールはそれぞれ違いますよね?
ジョシュ・・・「そうだね。プロレスリング、キックボクシング、MMA、ボクシング・・・・・・、それぞれにルールがある。なかでもプロレスリングとMMAは似ているよね。そこで柔道家と闘おうと、K-1ガイと闘おうと、闘いという意味では同じだと思うよ」
  −−確かに言ってる意味はわかりますし、ジョシュさんも頭ではそう思ってるんだと思うんですけど、あえて言うと、ジョシュさんのIGFでやってる試合とMMAの試合では、どうしても同じように闘ってるようには見えないんです。
ジョシュ・・・「試合に対する考え方は同じなんだよ。ただ、ルールによって少し違ってくることもあるよね」
  −−例えば、MMAの試合で、ボビー・ラシュリー戦で使ったようなパワーボムを出してくれたら、ジョシュさんの言ってる「同じ」というのも同意できると思うんですけど、なかなかそれは難しいんですかね?
ジョシュ・・・「なるほど、だけど、技は技なんだよ。ボクシングはパンチしか出せないしね。確かにパワーボムは出せてないけど、俺はアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ戦でデスバレーボムで投げたこともあるじゃない。だからたとえMMAの試合だって、チャンスがあれば、そういう技を出せることだってあるわけだから。だけど、たとえそういうチャンスがあっても自分がどう判断するか。投げたいと思えば投げると思うよ」
  −−かつてアントニオ猪木は、「相手の力が5しかなかったとしても、それを7なり8まで上げて、9か10で倒す」と言った事があるんです。
ジョシュ・・・「そうかぁ。俺なら相手が5だったら、そのまますぐ勝ってしまうかもしれないけど、言ってる意味はわかるよ。弱い相手にすぐ勝ったところで意味はないからね。相手の力を引き出してから勝つ事が、真の強者なんだってことはわかってる」

このインタビューでジョシュはIGFでの理想だった試合を聞かれ、ラシュリー戦の他に、澤田戦を挙げています。ちなみにジョシュがラシュリーに見舞ったパワーボム(写真)の衝撃でリング下の板が割れたそうです。

081801
INOKI GENOMEパンフより     
  −−猪木さんは「プロレスと格闘技は同じもので分けてはいない」と言ってるんですけど、バンナさんはその意見をどう思いますか?
バンナ・・・「セイム!(同じさ!)俺もミスター・イノキと同意見だね。簡単に言えば、格闘技は母親なんじゃないかな。その下にキックボクシング、空手、柔道、プロレスリング、MMA・・・・・。そういうものがあるんだと思うね」
  −−例えば「プロレス」と言われたら、WWEのような完全なエンターテインメントを想像する人もいると思うんですけど、バンナさんのイメージは違いますか?
バンナ・・・「プロレス=WWEと考える人がいるのもわかる。だけど、IGFのプロレスは格闘技だよ。実際、IGFに上がろうと思った時に、WWEのようなことをするなんて考えなかったしね。俺は闘うためにIGFに来たんだから」
  −−過去に、いろんなルールの試合をしてきたと思うんですけど、IGFでやってる異種格闘技戦とはどちらが闘いやすいですか?
バンナ・・・「IGFだね。ただ、ルールが違っても、結局は自分のスタイルで闘ってるわけだから、その違いは説明しようがないけどね」
  −−あのー、実を言うと準決勝を終えてから、インターネットをはじめ、かなり多くの意見を見聞きしたんですけど、「IGFのエースはジョシュではなく、バンナじゃないか」という声が数多く見受けられたんですね。
バンナ・・・「そうなのか(嬉しそうに)。だとしたら、きっとファンの人たちに俺の情熱やエネルギーが伝わったからなんじゃないかな。感じるものがあったんだろうね。今まで勝ったこともあるけど、負けたこともある。得たものもあるけど、失ったものもある。だけど、どんなにつらくても決してあきらめなかったし、そうしたドラマを日本のファンは知ってくれている人も多いだろうしね」
  −−だけど正直に言えば、もしかしたら最もアントニオ猪木やIGFに遠い存在がバンナさんだったと思うんです。それがなぜいきなり「IGFのエース」だと思えてしまうんでしょう?
バンナ・・・「それは俺にもわからないよ。たまたまフィットしたんだろうね。ただ、俺はファンには嘘を言わなかったし、そういう俺を日本のファンは応援してくれたんだと思う。それと、この間、たまたまある人に紹介されてホンモンジ(池上本門寺)に行ったんだよ」
  −−猪木さんの師匠の力道山が眠っているお寺ですね。
バンナ・・・「そう。リキドーザン。そのお寺に行ってお祈りをしてお祓いをした時、別の人から『あなたは猪木さんのリングで試合をするの?』って聞かれたから『そうだよ』って答えたら、『実はそこにある仁王像のモデルは猪木さんなんですよ』って聞いたんだよ。それはもう驚いたよ。そんなこと全く知らずに行ったからね」
  −−それは驚くでしょうね。
バンナ・・・「その時、俺は思ったよ。『きっとこれはデスティニー(運命)だ!』ってね。本当にビックリしたからね」

ということで、IGFでは外人選手も「プロレスは格闘技」と認識してリングに上がってるわけですが、これは猪木さんが新日旗揚げ当初から実戦してきたことですよね。

先日の新日・菅林社長の発言を見過ごせないのは「プロレスは格闘技ではない」と創設者である猪木さんを完全否定したこと。さらに桜庭選手と柴田選手をプロレスラーとしては認めない発言をしました。特に柴田選手に関しては新日本の道場で育った選手でしょう。

勝手にプロレスは格闘技じゃないと決めつけて、都合よく新日のリングは一流しか上がれない等と言ってるので、反発しようかと思ったらIGFの選手たちが猛反発してくれたので、気持ちは収まりましたけどね。

でも、他の団体ならまだしも、新日の社長に猪木さんを否定されたら、全身全霊で反発しますから(笑)。まあ、ただのファンで何の影響力もありませんけど、自己満足できればいいわけですからね。

山本小鉄 人間爆弾発言より     
「もし桜庭が新日本プロレスのリングに上がって石澤とやったら、桜庭は石澤の技を受けないで、極めにいったらいいんだよ。それはそれで、それなりの試合展開が出てきて、逆に面白いわけじゃない。それがプロだよ。(中略)21世紀の新日本プロレスというか、俺の理想を言えば全ての格闘技を統一したいよ。いかんせん俺の力じゃ無理だけど、全日本プロレスやノア、インディーそれからPRIDE、K-1という全ての要素が含まれた“プロレス”というものをやってみたいよね。そのためには新日本プロレスがイニシアチブをとってやっていかなければいけない。だからみんななぎ倒していかないといけないし、そのためには練習をもっとやらなくちゃいけない」

かつての新日本はもちろん「プロレスは格闘技」でした。しかし、今は違うらしい。

時代が変わったという人もいるかもしれませんが、菅林社長のように勝手に言わせてもらうと、今の新日本は「プロレスもどき」ですよ。創設者の猪木さんや小鉄さんが理想としたプロレスから、闘いを放棄した「プロレスもどき」に変わってしまいました。

昨日の会見では澤田選手らが殴り込みを予告してましたけど、そういうプロレスもどきのリングに殴り込んだとしても誰も出てこれないですよね。それなら、桜庭選手と柴田選手をIGFのリングに引きずり上げて凄い闘いを見せた方のが「闘いを教えられる」のではないでしょうか。新日本とどういうアレになってるのかわかりませんが、9・29名古屋大会のリングに上げられるなら上げて欲しいですね。
最新情報/プロレス人気ランキング

↓最新情報はこちらから↓
inoki_genome
プロレス人気ランキング

↓IGF以外の最新記事はこちらから
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オリジナル・チャンピオンベルト製作
〜トロフィーに代わるニューアイテム!〜
チャンピオンベルト 製作
【チャンピオンベルト使用用途ベスト3】
1位 ゴルフコンペの優勝者へ
2位 結婚祝いへのサプライズプレゼント
3位 送別会での送り物
〜イベントが必ず盛り上がる!使い道、自由〜

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
抱き枕ならお任せ!オリジナル抱き枕
〜自分だけの仲間だけのオリジナルウェア〜
【オリジナルプリント専門ショップ】
Tシャツ/トレーナー/帽子/マグカップ
キーホルダー/のぼり/ストラップ
タオル/マウスパッド/クッション
バッジ/キーホルダー/ステッカー
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


abc123da at この記事を人気ブログランキングに投票23:08コメント(14)トラックバック(0)  mixiチェック
ジェロム・レ・バンナ | ジョシュ・バーネット

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by カキザキ   2012年08月19日 10:13
5 私にとってこちらのブログは影響力ありすぎです(笑)
最近こちらを知ってからというもの一日何度も除いています。常連さんのコメントを見るのも楽しみです。
プロレスもどきとは言い得て妙。新日、本来のプロレス=格闘技という部分を社長自ら完全否定放棄されたならもどきというほかありません。
2. Posted by 宮戸ゲノム   2012年08月19日 10:43
ジョシュがノゲイラ戦で見せたネックロックは最高でした。
キャッチの技でMMAではあまり見る事のない形でした。
IGFでもエリック・ハマーが使っていたような気がします。

今のプロレスは派手な技ばかり乱発していますが、古来脈々と受け継がれてきた本物の技術はIGFのレスラーに見る事ができます。
私がIGFを応援する理由として、そういった意味が含まれています。
3. Posted by mic   2012年08月19日 12:09
新日で一番プロレスをしているのは、会長と社長。
しかしこの二人はリングに上がらない・・・
確かキッダーニ・・行方不明か・・・。
新日でリングに上がる人たちは、人形師の指示に従い操られて踊っている。
昔の新日のレスラーはプロレスをしていた。
だからみんなわがままで、トップの言うことなんか、聞く耳を持たなかった。
むつかしいわ、リングに上がらないレスラーと戦わなきゃいけないんだから。
新日のレスラーは北朝鮮の器械体操。言葉は持たない、「元気ですかー」と言われたらシュンとなる。「元気がないから、なんにもできない。」迷って止まっている、行けばわかるさ、と言われても、わからないとこにはヨウ行かん。バカヤローと言われたら、小声で違うよ、という。
やはり、サイモンが新日社長を襲うか。
背広どうしの異種格闘技?だ。
4. Posted by キングオブキングス   2012年08月19日 13:54
本筋の話とそれてしまいますが、一方的ではありましたがジョシュvs澤田はいい試合でしたね。
ジョシュのジャンピングパワーボムは一見の価値ありです。
TVあるいは動画でみるとそうではないですが、ライブでみると凄い高さから叩きつけています。
ラシュリー戦では空中戦に果敢にも挑戦していました。
でかくて動ける選手なのでライブでみると迫力満点ですね。
ジョシュの課題は必死さや怒りが課題なんですがバンナ戦では少しづつではありますがでていてよかったと思います。
5. Posted by キングオブキングス   2012年08月19日 14:03
2度目の投稿すみません。
ジョシュvsラシュリーの試合後、リングを直すのに10分位かかったのですが猪木さんが出てきて色々間を取り繕ってくれました。
アドリブが効いていてさすが猪木さんと思いましたね。ここら辺はサービス精神が旺盛です。
6. Posted by カミール   2012年08月19日 16:21
小鉄さんの未来の理想ってIGFの形だったんですね。
やはりIGFこそ本当の新日本プロレスで間違いないでしょ。
7. Posted by 123da   2012年08月19日 19:25
>>カキザキさん

>新日、本来のプロレス=格闘技という部分を社長
>自ら完全否定放棄されたならもどきというほかあ
>りません。

新日本プロレスもどきですよね。
8. Posted by 123da   2012年08月19日 19:27
>>宮戸ゲノム

> ジョシュがノゲイラ戦で見せたネックロックは最高でした。
> キャッチの技でMMAではあまり見る事のない形でした。

ラウンド終了間際のヒザ十字なんかは完全にプロレスでしたよね。
9. Posted by 123da   2012年08月19日 19:30
>>micさん

>だからみんなわがままで、トップの言うことなん
>か、聞く耳を持たなかった。

猪木さんは「好きにやれ」と放任主義でしたよね。

>やはり、サイモンが新日社長を襲うか。

サイモンさんは拒絶してる団体に本当に乗り込んでいきますからね。あれは勇気が入ります。
10. Posted by 123da   2012年08月19日 19:50
>>キングオブキングスさん

>本筋の話とそれてしまいますが、一方的ではありましたが
>ジョシュvs澤田はいい試合でしたね。

澤田選手は逃げずに真っ向から受けますからね。試合後のジョシュも認める発言をしていましたよね。

>ジョシュの課題は必死さや怒りが課題なんですがバンナ
>戦では少しづつではありますがでていてよかったと思います。

いつも余力を残して勝ってしまいますからね。猪木さんのように相手の力を引き出せたら凄い選手になるんですけどね。
11. Posted by 123da   2012年08月19日 19:53
>>キングオブキングスさん

>ジョシュvsラシュリーの試合後、リングを直すのに
>10分位かかったのですが猪木さんが出てきて色々間
>を取り繕ってくれました。

猪木さん自身が一寸先はハプニングを楽しんでましたよね。
12. Posted by 123da   2012年08月19日 19:55
>>カミールさん

> 小鉄さんの未来の理想ってIGFの形だったんですね。
> やはりIGFこそ本当の新日本プロレスで間違いないでしょ。

猪木さんと小鉄さんの理想が一致していたからこそ新日本の繁栄もありましたよね。
13. Posted by プロレスは格闘技   2012年08月19日 20:30
小鉄さんが新日が今の状況になるのを放任したのが不思議でならないです。
本意ではなかったと信じたい。

生きていたらIGFの鬼軍曹になって欲しかった。
14. Posted by 123da   2012年08月23日 21:51
>>プロレスは格闘技さん

>小鉄さんが新日が今の状況になるのを放任したの
>が不思議でならないです。

実質的に新日本の人ではありませんでしたからね。
100%本意ではないでしょう。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
熱血道
最新記事
T1honmei
猪木主演映画「ACACIA」
第22回東京国際映画祭出品作

◆「ACACIA」DVD発売中◆

「ACACIA」
アントニオ猪木
パチンコ、パチスロ機
猪木が猪木をぶっ壊す。
Categories