2012年09月19日

IGF史上初の60分フルタイム戦か!藤田和之がボビー・ラシュリーとの長期戦を予告

IGFが大晦日「INOKI BOM-BA-YE2012」開催へ!猪木がホーガン戦で言語障害に遭っていたことを告白

「GENOME22」12.9.29愛知県体育館
「GENOME23」12.10.16東京ドームシティホール

IGFが会見を開き、9・29名古屋大会で行われるIGFチャンピオンシップ藤田和之vsボビー・ラシュリーの時間差調印式が行われ、今度は藤田選手が調印書にサインしました。
IGFチャンピオンシップ防衛戦 藤田和之が調印書にサインをしました(IGF公式サイト)

藤田選手のコメント(プロ格DXより)     
「(ラシュリーの印象は?)トータル的にバランスが良い選手ですね。バンナと違うのはバックボーンが一緒、体が強いということですね。バンナとは違うので、試合の組み立てで難しさがあります。あとラシュリーは首が強いので受け身も取れる。厄介といえば厄介ですね。試合が長引くことになると思います」

猪木×ロビンソンではありませんが、「短期決着ではなくて、お互いに駆け引きが続く」と持久戦勝負となると見ているようですね。

藤田選手のコメント(プロ格DXより)     
「(防衛戦の心境は?)形としては受けて立つ試合ですけど、新しい相手に挑戦し続けることは変わらないです。(カード変更については?)IGFではよくあることなんで、また来週あたり変わるんじゃないですか?だからどう変わっても平常心でいられますよ」

カードが変わる前提としているところが普通の選手とは違う。

藤田選手のコメント(プロ格DXより)     
「(前回はパイルドライバーでの勝利でしたが、今回の秘策は?)秘策という秘策はないですけど、試合をやっていくうちに今までに出したことがない技も出す事になるでしょう。受け身をしっかり出来る相手どのくらい技が効くのか?自分に置き換えればわかる。短期決戦は難しいでしょうね。(自分に似ている部分がある?)近いモノはありますよね。でもラシュリーは自分よりスピードとパワーもある。(今までにはない自分を見せられそうですか?)そうですね。今までIGFの試合は5分以内に終わっていたんですけど、それ以上の試合になった時、自分が持っている下地が活きてくるか、出せるかどうかだと思います」

長期戦を覚悟する藤田選手は先日の永田興行の試合が参考になったそうです。

藤田選手のコメント(プロ格DXより)     
「(スタミナ強化の練習は?)ちょうど東金でプロレスを見る機会があって、自分とはスタイルは違いますけど勉強になりました。タッグで20分やっているのはスタミナや抜きとか勉強になります。(親友の永田を見て刺激になった?)親友なんでおこがましい。大先輩ですよ。60分フルでやれるのは、体力とか力を抜いてかわせるからで、流れを作る事は達人の城に達しているでしょう。勉強になりました。今回はここではやったことがない長丁場になると思うんで、出したことがない自分が出ると思います。(防衛の自信は?)なかったらやりません」

2002年に永田選手は蝶野選手相手に60分フルタイム戦をやってますからね。あの時は昭和63年8月8日横浜大会ので藤波×猪木戦以来と言われました。

でも、達人といえばやはりこの人。

091901

すでに試合展開をシュミレーションする藤田選手ですが、9・29名古屋大会ではIGF史上初のフルタイム戦となるかもしれませんね。

とにもかくにも環境が変わったと言われるIGF。藤田×ラシュリー戦は今後を占う試合になる事は間違いないでしょう。「これぞプロレス」という試合が見られるか。→最新情報/プロレス人気ランキング

↓最新情報はこちらから↓
inoki_genome
プロレス人気ランキング

↓IGF以外の最新記事はこちらから
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オリジナル・チャンピオンベルト製作
〜トロフィーに代わるニューアイテム!〜
チャンピオンベルト 製作
【チャンピオンベルト使用用途ベスト3】
1位 ゴルフコンペの優勝者へ
2位 結婚祝いへのサプライズプレゼント
3位 送別会での送り物
〜イベントが必ず盛り上がる!使い道、自由〜

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
抱き枕ならお任せ!オリジナル抱き枕
〜自分だけの仲間だけのオリジナルウェア〜
【オリジナルプリント専門ショップ】
Tシャツ/トレーナー/帽子/マグカップ
キーホルダー/のぼり/ストラップ
タオル/マウスパッド/クッション
バッジ/キーホルダー/ステッカー
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


abc123da at この記事を人気ブログランキングに投票23:10コメント(4)トラックバック(0)  mixiチェック
藤田和之 | ボビー・ラシュリー

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 通りすがり   2012年09月20日 17:06
1 60分フルタイム?

二人にそんな技量ないですよ。
なるわけない。

よくて15分じゃないですかね。

万が一、やったとしたら史上最低の試合になりますよ。
確実に寝落ちしちゃいますね。
2. Posted by 猪木ボンバイエ   2012年09月20日 19:52
二人とも技量はありますよ。メインじゃなく、タイトルマッチでなければ、5分から10分の試合でしょうけど。お互いにある程度受けるんでしょうねぇ。それだけ凄い試合をするという意気込みですよ。通りすがりには分からないだろうね(笑)
3. Posted by アンドレ・ザ・カンドレ    2012年09月20日 22:00
二人ともそういう技量は必要ないですよ。
カウント2.9じゃないプロレス技の本当の凄みを見せてほしいですフォール取るにしてもギブアップ取るにしても。 ロビンソンが猪木さんから1本取った逆さ押さえ込みや、猪木さんが寺西さんに掛けたコブラツイスト(2回目の1対3ね)の如くに。
4. Posted by 通りすがり   2012年09月21日 19:20
1 アンドレカンドレ氏に1票。

まぁ、藤田選手は好きなんで、必要ないと言う事に逃げてはほしくはないですがね。

とりあえず、60分フルタイムなんて天地がひっくり返ってもありえない。
そんなもの見せられるくらいなら、試合時間なんて3分でも良いです。
15分、20分でも良いです(藤田にしてみれば充分長期戦)。
ただインパクトある内用で防衛してほしいです。


>猪木ボンバイエ氏
はい、私にはまったくわかりません。
今後もわかる気すらしないです(笑
ついでに長期戦=60分フルタイム?と思う感覚も同様です。



コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
熱血道
最新記事
T1honmei
猪木主演映画「ACACIA」
第22回東京国際映画祭出品作

◆「ACACIA」DVD発売中◆

「ACACIA」
アントニオ猪木
パチンコ、パチスロ機
猪木が猪木をぶっ壊す。
Categories