2012年09月28日

命がけの参戦となるIGFパキスタン興行にボビー・ラシュリー絶句!定アキラが橋本大地との対戦を熱望

猪木危険すぎる!IGFが11月にもパキスタン興行開催正式発表へ

「GENOME22」12.9.29愛知県体育館
「GENOME23」12.10.16東京ドームシティホール

東スポによりますと9・29名古屋大会で闘魂十番勝負第5弾としてジェイ・ブラッドリーと対戦する定アキラ選手が「これに勝って橋本大地とやりたい。前座も経験しないで、親の七光だけで奴は何をやってんだ?」と橋本大地選手との対戦を熱望したそうです。

092701

定選手には同世代のライバルがいませんから、橋本大地選手は年齢的には近くて良い選手ですよね。ただ、ジェイ・ブラッドリーは老獪。簡単に勝てる相手ではなさそうです。

11月開催が急浮上したパキスタン興行ですが、外人勢が戦々恐々としているそうです。
0928

特にアメリカ国籍のボビー・ラシュリーは話を聞いて「Oh、クレイジー・・・」と絶句。

藤田選手を倒せば明日にもIGF王者に君臨するラシュリーが選手の先頭に立ってパキスタンへ出陣しなければなりません。

しかし、パキスタンではビンラディンが米軍特殊部隊に殺害されて以来、アルカイダの報復テロは激化の一途。しかもラシュリーは元米軍ということで、標的にされかねないそうです。

サイモンさんは「パキスタン軍が数百人単位で守ってくれるという話しです」と説明するものの、完全に狙われるという前提なわけですね。外人選手はみんな移動中の車の中で及び腰だったそうです。

まあ、これも当然でしょう。本当に危ないですからね。

それを考えるとバッドニュース・アレンは凄い。

昭和59年8月10日発行東スポより
092800

1984年のパキスタン遠征第1戦でイスや鉄柱等を使って暴れまくったアレンの場外戦が物凄い非難の対象となり、翌日の新聞は一斉にアレンを攻撃。大統領までが厳重抗議するという事態に発展。それに対してアレンは「俺の流儀は変えない」とパキスタン政府に喧嘩を売り、第2戦での猪木さんとのタッグ戦でも狂乱ファイトを見せつけました。

アレンはこのパキスタン以外にも、湾岸危機のイラクにも行きましたからね。恐いもの知らずで、もの凄い度胸の持ち主でした。

開催が決定したら、IGFでは誰が参加することになるのかも注目となるでしょう。選手にとっては本当に命がけです。詳細は紙面にてご確認下しさい。→最新情報/プロレス人気ランキング

↓最新情報はこちらから↓
inoki_genome
プロレス人気ランキング

↓IGF以外の最新記事はこちらから
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オリジナル・チャンピオンベルト製作
〜トロフィーに代わるニューアイテム!〜
チャンピオンベルト 製作
【チャンピオンベルト使用用途ベスト3】
1位 ゴルフコンペの優勝者へ
2位 結婚祝いへのサプライズプレゼント
3位 送別会での送り物
〜イベントが必ず盛り上がる!使い道、自由〜

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
抱き枕ならお任せ!オリジナル抱き枕
〜自分だけの仲間だけのオリジナルウェア〜
【オリジナルプリント専門ショップ】
Tシャツ/トレーナー/帽子/マグカップ
キーホルダー/のぼり/ストラップ
タオル/マウスパッド/クッション
バッジ/キーホルダー/ステッカー
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


abc123da at この記事を人気ブログランキングに投票23:21コメント(3)トラックバック(0)  mixiチェック
ボビー・ラシュリー | 定アキラ

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 宮戸ゲノム   2012年09月29日 12:38
いよいよ今日ですね。
藤田とラシュリーにはスゲェ試合を期待しています。

定と大地の絡みは前から是非、見たいと思っていました。

私は破壊王を夢中で見ていた人なのですが、そんな自分から見て、正直、大地はこのままだとプロレス村の中の、いちスターで終わるような気がしています。
まだデビューしたばかりなのはわかっておりますが、残念ながら私にはそう感じます。

かつて大地同様、中嶋勝彦にとても期待していたのですが、「あぁ、まとまっちゃったな」というのが現在の感想です。
大地もまたそうなってしまうような予感が…

定は道場で本物のプロレスリングの練習をしているわけですから、そういった試合をしてもらいたい。
“見せる練習”ばかりに時間を費やしているレスラーには仮に結果では負けても、『核』となる部分では絶対に負けてもらいたくないです。
大地の父親である、破壊王も現在のプロレスのような“上手・下手”で勝負してなかったはず。

IGFと絡んだから良い方向に行くとは限りませんが、同世代のライバルは一人でも多い方が。

定、大地には現在のプロレスから、はみ出すぐらいのレスラーに成長してもらいたいです。
2. Posted by アンドレ・ザ・カンドレ     2012年09月29日 22:18
若い選手たちにとってはとにかく試合数が足りないと思います。まぁ観客がいないと成り立たない興行なので何かと難しいですが、場慣れが必要かと思います。人前で喋るだけでも緊張する人も多いのに、ましてやプロレスの試合をするのですから、そう簡単に行くはずも無し。 恥かいて馬鹿になるのもそれなりに試合数こなさないと出来ないんじゃないかなぁ。 IGF地方巡業ってし無さそうだけど、いつまでも猪木さんの名前だけで集まるってのもね。 技術の伝承と代替わりってのは、他の業界でも重要課題でしょうけど。
3. Posted by ヤングライオン   2012年09月29日 23:06
確かに試合数が少ないから、伸び悩んだり、経験が足りませんね。どんなに練習しても、試合で覚えることの方が大きいですからね。GENOMEシリーズとは別に、日本人だけで興行を打つとか良いと思います。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
熱血道
最新記事
T1honmei
猪木主演映画「ACACIA」
第22回東京国際映画祭出品作

◆「ACACIA」DVD発売中◆

「ACACIA」
アントニオ猪木
パチンコ、パチスロ機
猪木が猪木をぶっ壊す。
Categories