2012年11月25日

“過激な仕掛け人”新間寿復活か!闘魂スペシャル創刊号「第1回IWGP優勝戦アントニオ猪木vsハルク・ホーガン」・・・新ゲノム・ショット第3号

猪木平和宣言!IGFパキスタン大会開催発表会見詳細動画

INOKI

昭和58年発行の闘魂スペシャル創刊号。定価500円。
1125

久々に懐かしのプロレス雑誌シリーズ。

まあ、そんなシリーズはありませんでしたが(笑)。

これまで結構紹介してたのでシリーズ化します(笑)。

今までのリンクを張っておきます。
格闘技通信創刊号
週刊ビッグレスラー創刊号
週刊ゴング創刊号
別冊エキサイティングプロレス創刊号
エキサイティングプロレスPART-1
週刊プロレス創刊号

今回の闘魂スペシャルは新日本プロレス専門誌でパンフレットも兼ねているという画期的な雑誌。当時は会場でも本屋さんでも買えました。ほぼ月刊誌のような厚さで、会場で読み切ることはできないぐらい充実した内容でしたね。

創刊号は昭和58年に開催された第1回の「IWGP」を特集。
112500

ちなみに大晦日のIGFのパンフレットがB4版背表紙付き60ページのかなり豪華な仕様になるそうです。しかも入場者には無料でもらえます。他団体なら2000円ぐらいとられる内容かと思われるので楽しみですね。

そして、この空前のイベント「IWGP」を仕掛けたのは“過激な仕掛け人”と言われた新間寿さん。昭和55年暮れ東京体育館のリング上で「いよいよ猪木が世界統一に乗り出す」とIWGP構想を発表。

当時は子供でしたから何が何だかわからないんですが、とにかく凄い事が起きるんだっていう、そのときめきが未だに残ってますからね。ですから未だに新間さんが出てくるとワクワクする部分があります。

結局、これが最後の仕掛けとなりました。

その新間さんがアサヒ芸能で猪木さんとの出会いについて語っています。その中で注目したのは最後の部分。

アサヒ芸能より 
それでも仲介者を経て02年、電撃的な和解を果たしたという。そして現在‥‥。「猪木さんとはたまに会いますよ。それと連動するワケではないですが、最近、石原慎太郎さんが80にして立ったことに感銘を受けてね。自分もまだまだやるぞと、沸々と湧いてくるものがある」 猪木、新間の名コンビは、平成の世でも旋風を巻き起こすか?

また猪木さんとやりたいのでしょうか?猪木さんの方も一緒にやるかどうかはわかりませんが、新間さんの凄いところは猪木さんに負けず劣らずの行動力。IGFに味方につけたらファンとしては頼もしい存在です。

個人的には新間さんにIGFチャンピオンシップの権威を高めるような管理委員会とか作ってもらって何かプロレス界に仕掛けて欲しいですね。はたしてIGFのリングで新間節が甦るか。
最新情報/プロレス人気ランキング

↓最新情報はこちらから↓
inoki_genome
プロレス人気ランキング

↓IGF以外の最新記事はこちらから
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オリジナル・チャンピオンベルト製作
〜トロフィーに代わるニューアイテム!〜
チャンピオンベルト 製作
【チャンピオンベルト使用用途ベスト3】
1位 ゴルフコンペの優勝者へ
2位 結婚祝いへのサプライズプレゼント
3位 送別会での送り物
〜イベントが必ず盛り上がる!使い道、自由〜

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


abc123da at この記事を人気ブログランキングに投票22:21コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
アントニオ猪木 | 新ゲノム・ショット

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
熱血道
最新記事
T1honmei
猪木主演映画「ACACIA」
第22回東京国際映画祭出品作

◆「ACACIA」DVD発売中◆

「ACACIA」
アントニオ猪木
パチンコ、パチスロ機
猪木が猪木をぶっ壊す。
Categories