2013年11月19日

澤田敦士がミノワマン戦の立会人に蝶野正洋を指名!IGF MMAルールは素手OKに・・・IGF大晦日両国大会『INOKI BOM-BA-YE 2013』

藤田vs石井、勝つのはどっちだ?IGFが勝者予想を受付中・・・IGF大晦日両国大会『INOKI BOM-BA-YE 2013』

「INOKI

本日、澤田選手が会見を開き大晦日のミノワマン戦についてコメントしています。

IGF公式サイトより
111901

澤田選手はこの試合を「ゲノムファイターvsリアルプロレスラー」と位置づけ、メインの藤田×石井戦に対抗心を燃やしているようです。立会人に蝶野選手らを指名しています。

澤田選手のコメント
「チャンピオンシップではもちろんIGFベルトをかけていて、(ミノワマンもそのベルトとのことを言ってますが)そんなにベルトが欲しいなら俺の持っているNWAヘリテージベルトをかけてやるよと。絶対に負けられない闘いがそこにはあるから。ミノワマンが『天地自然の巻』なら俺は『いつも通り、普通の巻』だね。藤田和之対石井慧の立会人はヒョードルですが、俺の試合の立会人は蝶野正洋ですかね。藤原組長でもいいですね。レフリーいなくていいです。ノーレフリールールでも。MMAルールですが、普段通りに試合に臨むだけです」


普通の巻(笑)。

まあ、そうは言ってもかなり特訓を積んでいるようですからね。本気になった澤田選手は楽しみです。

そして、あくまでも打倒紅白だと言う澤田選手が呼び寄せたのは、あの白覆面。


ミノワマン選手は赤いから澤田選手は白組ということか?

まあ、意味不明なのが白覆面ですけど、

「以心伝心白覆面。さあ和田さんが裁いたのは誰?」ということで、和田良覚・審判部長が登場。100時間かけて作り上げたというIGF MMAルールについて説明を行ったそうです。

IGF公式サイトより
111903
和田さんのコメント
「ルールでは頭突きはダメです。ひじ打ちはありですけど。素手もOK、目つき、金的、後頭部へのラリアットなどの攻撃以外はOK。10オンスのグローブでパンチした方が脳へのダメージは大きいです。素手の方が脳には響かないですよ。ただし、頭蓋骨は固いですから、手が骨折しますね。思いっきりパンチできないです。でも過激なルールですね

素手OK、肘打ちOK、蹴り上げOK。

踏み潰しもOKかもしれません。

凄いですね。

素手は菊田選手のところが話題にしてましたけどね。まあ、通常のIGFルールでは当たり前のルールなんで驚くことではないんですが、素手は一見危険な感じのように見えますけど、あまりダメージはないんですよね。ただ、切れやすいのが難点で、流血で試合が終わってしまうことが多い。テレビで放送する場合は大丈夫なのかなっていうのがありますが、拳を鍛えている空手家は有利になるかもしれませんね。

和田さんのコメント
みんな(他の団体とか)規制していますからね。青少年への影響とか。でも基本IGFは猪木会長、異種格闘技ですから、それを考えたら青少年を育成しようなんて考えてないです。飽くまで『超人』の集まりですから、だって澤田選手だって柔道エリートですからね。身体能力高いし、だってIGF出てる選手見てください、本当にみんなプロフェッショナルで凄いですよ。子供がこんな試合見ても、怖くてやらないでしょう。IGFのルールって怖いんですよ。鳥肌たつくらい、命に関わるんじゃないかっていつも思ってやってます。かなりレフリーとしてのキャリア持ってますが、怖いんですよ。何でもありなんで

僕も見慣れてるつもりなんですけど、確かに恐ろしくなる時があります。周りのお客さんも、ちょっと引いてますからね(笑)。

和田さんのコメント
猪木会長の理念、『いつ何時誰の挑戦でもうける』ですから、後はレフリーの腕、私たち次第です。危なければ止めればいいんです。ちゃんと見れていれば止めればいいんです。ただそれだけです。後はレフリーの判断にかかっていますね。選手の命を守るのが、それがIGFだろうが、MMAだろうが、他団体でもやっていますが、それが一番です。だって『止め時』を間違えたらヤバいですから、格闘技では亡くなっている方いっぱいいますからね。そこだけは絶対に避けたい。それだけは譲れない。ドクターも複数名いますし、ドクターとはチームワークですよ。アイコンタクトとかでね。ドクターチェックもインターバルではやりません。飽くまでもインターバルは休憩およびセコンドの指示を聞く時間。その代わり、ラウンドが始まって、必要でしたらドクターチェックを行います。その方が公正な試合ができます

とにかくIGFは危険なんです。そこは変えようがありません。本当に選手はレフェリーに命を預けてリングに上がる事になりますから、この和田さんの決意を聞いてこちらも安心します。

ということで、大晦日決戦は地球上で一番過激なルールで行われるMMAになりましたが、「GENOME29」のパンフにも詳細なルールが載ってました。それと同じですかね?公式サイトにも載せて欲しいですね。

今週の週プロの紹介です。

111900先週は合併号でしたので、今週は増刊号として毎年恒例の選手名鑑です。

現在、定選手が欠場してますが、こちらにはケガでと書いてありますね。

それと、川口選手のリングネームが「クラッシャー雄介」となっています(笑)。

これ間違いですよね?毎年どこか間違えてますから、絶対IGFに詳しくない人が書いてますよね。

もう一つ紹介します。今週の週プレでは猪木さんのインタビューが掲載されています。

111902

猪木さんが北朝鮮問題について結構わかりやくす答えていますので、ぜひチェックしてみてください。→最新情報/プロレス人気ランキング

↓最新情報はこちらから↓
inoki_genome
プロレス人気ランキング

↓IGF以外の最新記事はこちらから
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オリジナル・チャンピオンベルト製作
〜トロフィーに代わるニューアイテム!〜
チャンピオンベルト 製作
【チャンピオンベルト使用用途ベスト3】
1位 ゴルフコンペの優勝者へ
2位 結婚祝いへのサプライズプレゼント
3位 送別会での送り物
〜イベントが必ず盛り上がる!使い道、自由〜

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
抱き枕ならお任せ!オリジナル抱き枕
〜自分だけの仲間だけのオリジナルウェア〜
【オリジナルプリント専門ショップ】
Tシャツ/トレーナー/帽子/マグカップ
キーホルダー/のぼり/ストラップ
タオル/マウスパッド/クッション
バッジ/キーホルダー/ステッカー
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


abc123da at この記事を人気ブログランキングに投票23:49コメント(3)トラックバック(0)  mixiチェック
澤田敦士 | 蝶野正洋

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 宮戸ゲノム   2013年11月20日 21:50
クラッシャー雄介ってピン芸人ですか?


東スポが『IGF、グローブ代の経費削減!?』とか書きそう。

去年は川口だけボクシンググローブだったり、ティム・シルビアが違う格闘技イベントのグローブを着けてたりしましたよね(笑)
かなりびっくりしました。

素手OKだと難色を示す選手ばかりのような気が…(所属選手は大丈夫なのかもしれませんけど)
交渉は大丈夫なのでしょうか(汗)
良い選手が出ないんじゃ意味無いですからね。

自分の拳どうこうより、素手で殴ってくる奴を相手しなきゃいけないということの方がネックになるような…。
ちょっとしたパンチでもすぐ顔は切れちゃいますし。

あっ、それと、シューズ着用OKで踏み付け有りとかだったらかなりヤバイですね(苦笑)
2. Posted by 123da   2013年11月22日 23:18
>>宮戸ゲノムさん

>クラッシャー雄介ってピン芸人ですか?

選手名鑑ではありえない間違いですよね。

>ちょっとしたパンチでもすぐ顔は切れちゃいますし。

そこが難点ですよね。それはそれで闘い方は確立されていくでしょうね。

>あっ、それと、シューズ着用OKで踏み付け有りとかだ
>ったらかなりヤバイですね(苦笑)

反則規定にはないので普通にアリのようです(笑)。後頭部や精髄等の急所への攻撃は禁止みたいですが。
3. Posted by ヌカドーラ   2013年11月23日 06:12
なんでIGFの他のカードの決まってない選手はなにもしないんだろ。
もっと能動的にならないと…

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
熱血道
最新記事
T1honmei
猪木主演映画「ACACIA」
第22回東京国際映画祭出品作

◆「ACACIA」DVD発売中◆

「ACACIA」
アントニオ猪木
パチンコ、パチスロ機
猪木が猪木をぶっ壊す。
Categories