IGFニュース
5月12日(金) 奥田啓介、谷嵜なおきサイン会開催! NEWオープニングシリーズ 栃木県総合文化センター・サブホール!!(IGF公式サイト)

2013年12月13日

佐山の弟子がIGF大晦日に殴り込みか!北岡悟の「真剣勝負のプロレス」発言に噛みつく・・・IGF大晦日両国大会『INOKI BOM-BA-YE 2013』

地球上で最も過激なIGFに青木真也が参戦!そのルールを再チェック・・・IGF大晦日両国大会『INOKI BOM-BA-YE 2013』

「INOKI

12日、東京・後楽園ホールで行われたリアル・ジャパンの興行でタカ・クノウ選手が1年ぶりの復帰戦を行いました。

クノウ選手は昨年のパキスタン遠征に同行した後、なぜかIGFのリングには上がっていません。

4月のパキスタンバザールでのIGFイベントには顔を見せてましたけどね。

なぜか、スタッフ・ジャージを着用していた。
121207

そして、今日いきなりスーパー・タイガー選手の王座に挑戦。
121201

スーパー・タイガー選手といえばこの蹴りがやっかい。
121202

その蹴り足をキャッチすると、関節地獄に引きずり込む。
121203

何度もロープエスケープを奪い追い込んだが。
121204

最後は猛虎原爆を食らい復帰戦を飾れず。
121205

注目すべきは試合後のこの発言。
121206
スーパー・タイガー選手「タカ・クノウ、強かった。やはりこのリングは本物の中の本物しか上がれない。いろんなプロレスがある。でも、あえて言いたい。本物、リアルプロレスラーを目指すためには、その根本には強さがなければダメなんだということ。全ての格闘技の中で、一番プロレスが強くなければいけない。その根本がこのリアルジャパンのリングにあります。だからこそ胸を張って、来年、他団体に乗り込んでやる」

この発言を受けて、控室で質問を受けたようです。

スーパー・タイガー選手のコメント(週プロより) 
「(他団体という言葉が聞かれたが?)どことも決まってはないですけど、もう止まれないですよ、このままじゃ。大晦日に“真剣勝負のプロレス”とかって言ってる人たちもいますけど、真剣勝負のプロレス?真剣勝負じゃないプロレスって何なんだ?常に真剣じゃないのか?向こうも本物の強さを持ってるとは思いますけど、行けるものなら大晦日でも、その次でもいいし」

これは北岡選手のIGF参戦会見での発言に噛みついた形です。
青木真也に続き、北岡悟も大晦日の『猪木祭り』に参戦決定!「僕は真剣勝負のプロレスラーなので、真剣勝負のプロレスをここでやる」(バトル・ニュース)

スーパー・タイガー選手の言わんとしてることはよくわかります。

ただ、こう言われた以上、IGFは受けて立たなければいけない。

ぜひ、大晦日乗り込んできて欲しいですね。

受けて立つとしたら、やはり鈴木選手でしょう。

今年の1月、北千住で行われた試合。

スーパー・タイガー選手は鈴木選手に対し、異常なまでに闘志をむき出しにした。
131212

もの凄い、厳しい攻めを見せましたよね。

佐山さんの一番弟子として強さには絶対の自信を持ってるのがスーパー・タイガー選手ですから、大舞台で活躍できる鈴木選手へのある意味ジェラシーの塊りでしょうか。

まだ、鈴木選手のカードは発表されていませんから、この発言を聴いて何らかの反応を示せば大晦日での一騎打ちが実現するかもしれませんね。→最新情報/プロレス人気ランキング

↓最新情報はこちらから↓
inoki_genome
プロレス人気ランキング

↓IGF以外の最新記事はこちらから
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オリジナル・チャンピオンベルト製作
〜トロフィーに代わるニューアイテム!〜
チャンピオンベルト 製作
【チャンピオンベルト使用用途ベスト3】
1位 ゴルフコンペの優勝者へ
2位 結婚祝いへのサプライズプレゼント
3位 送別会での送り物
〜イベントが必ず盛り上がる!使い道、自由〜

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
抱き枕ならお任せ!オリジナル抱き枕
〜自分だけの仲間だけのオリジナルウェア〜
【オリジナルプリント専門ショップ】
Tシャツ/トレーナー/帽子/マグカップ
キーホルダー/のぼり/ストラップ
タオル/マウスパッド/クッション
バッジ/キーホルダー/ステッカー
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 宮戸ゲノム   2013年12月13日 21:15
北岡の発言は単に言葉足らずか、プロレスの歴史だとかの知識をそんなに持っていないだけだと思います。
決してプロレスを馬鹿にしているわけではなく。
まぁ、認識が甘いとも取れるかもしれませんが。

同じ猪木の試合でも、vsアリ、vsペールワン、vsグレート・アントニオなどは一般的なプロレスの試合とはそれぞれニュアンスが違います。
ですがそういった試合でも同じ“プロレス”だということを理解できるかどうかですよね。

たしかに“猪木はマスコット”発言は当時、私も腹が立ちました!(笑)
ですがそれも、青木の「IGFに感謝」同様、北岡も今は同じことを思ってるんじゃないですかね。

違う方も他の記事のコメ欄に同じようなことを書かれてましたが、私も北岡は、いろんな意味でプロレスラー的だと思います。
その辺のプロレスラーよりよっぽどプロレスラーなんじゃないですか。

メインは当然、藤田vs石井になりますよね。
じゃあ、鈴木の試合をその前のセミで組んでほしいです。
勿論、シングルマッチ。
鈴木の考えるプロレスでMMAと勝負してほしいです。
IGFのプロレス、プロレスラーは凄いという試合を見せなきゃ駄目でしょうね。それがプロレスルールで出場する所属レスラーの今回の使命だと思います。
鈴木だったらやってくれるでしょう。期待してます!
2. Posted by 鈴川たのんだぞ   2013年12月14日 09:55
「真剣勝負のプロレス」発言は鈴木みのるへのオマージュかと。同時に「色んなものに緊張感があって色んなものとの闘いになる」という言い回しでプロレスやヘビー級MMAを喰う気概を表現しているので、スーパータイガーが北岡発言を気に入らないなら大晦日に証明するしかないでしょう。後楽園と両国が目の前にあったら迷う事なく両国を選ぶメジャー志向で軽量級ながらここにたどり着いたのが北岡です。スーパータイガーの言う「他団体」がインディー巡りだったら一生勝てませんよ。佐山さんの弟子でクノウさんに勝ってソフト系とは言えIGF主力の鈴木をカタく攻めるくらいなのだから実力はあるのでしょうけど後楽園ばかりじゃアピールできません。
「プロレスは闘い」という主張が今はなかなか理解されない世の中なのでこの貴重な大舞台で鈴木と目にものを見せてほしいです。

3. Posted by 123da   2013年12月14日 19:11
>>宮戸ゲノムさん
> IGFのプロレス、プロレスラーは凄いという試合を見せな
>きゃ駄目でしょうね。それがプロレスルールで出場する所
>属レスラーの今回の使命だと思います。

今回はMMA主体だからこそのチャンスですよね。
思いが強ければ強いほどリングに反映されるわけですが、対戦相手が重要です。
IGFどうしでやるか、スーパー・タイガー選手のような意識の高い選手を集めてほしいですね。
4. Posted by 123da   2013年12月14日 19:18
>>鈴川たのんだぞさん

>スーパータイガーの言う「他団体」がインディー巡りだった
>ら一生勝てませんよ。

本人は新日本やノアも視野に入れてるようですが、本物を目指すなら真っ先にIGFに来るべきでしょう。

>「プロレスは闘い」という主張が今はなかなか理解されな
>い世の中なのでこの貴重な大舞台で鈴木と目にものを見
>せてほしいです。

お互いの意識の高さからすると、当日のベストバウトになりうると思いますよ。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
熱血道
最新記事
T1honmei
猪木主演映画「ACACIA」
第22回東京国際映画祭出品作

◆「ACACIA」DVD発売中◆

「ACACIA」
アントニオ猪木
パチンコ、パチスロ機
猪木が猪木をぶっ壊す。
Categories