2014年02月28日

猪木vsウイリアムス疑惑の3カウントを解説

現KOTCヘビー級王者コーディ・イーストがIGF1に参戦決定!星風会見動画・・・IGF4・5両国大会『IGF1』

「INOKI GENOME FIGHT 1」14.4.5両国国技館

たまたま、これを見たので解説します。


昭和61年10月13日、東京・後楽園ホールのアントニオ猪木vsスティーブ・ウイリアムス。

藤波×武藤戦の後にダブルメインで行われた試合ですよね。

当時、会場で見てましたけど、確かに僕も3カウント入ったと思いましたね。

最大の原因は猪木さんの体調の悪さでしょう。

本当は欠場してもおかしくない状況だったらしいです。

3週間前のブロディ戦で体重を増やしたのが元で糖尿病が悪化したらしい。
今週の週プロは猪木vsブロディ「名勝負ではない究極の好勝負」

この試合の4日前がレオン・スピンクス戦。

体重も90キロ代まで落ちてました。

スピンクス戦のために減量したという話ではありましたけどね。

その直後の試合だけに体調は最悪でした。

それでも、猪木さんは休むに休めない状況だったようです。

シリーズ名に「アントニオ猪木レスラー生活25周年記念」と謳われてましたからね。

おまけに、ニールセンとやった前田さんは大事をとって欠場。

そういう状況の中でのウイリアムス戦だったわけです。

話を戻しますと、疑惑の3カウント部分。

会場がざわつきましたけど、あれはルール上疑惑でも何でもないんですよ。

当時も僕は主張してたんですけどね。

3カウントのピンフォールについて

「3秒間肩をつけた状態」

というのは間違い。

ルールでは

「レフェリーが3カウントを数えた状態」

がピンフォール。

ですから、1秒でも2秒でもレフェリーが3カウント数えたらピンフォール決着。

逆に、5秒でも6秒でもレフェリーが3カウントを数えなければ試合続行となります。

要するに、まだ試合ができると判断した場合はレフェリーは3カウントを入れなくてもいいというのがプロレスのルールなんですよ。

そういう風に、小鉄さんが言ってましたから。

IGFでも同じようなことがありましたね。

ジョシュやカシン選手が脳震盪起こして動かなくなった時もレフェリーが3カウントを止めたことがありました。

では、GENOMEルールを見てみましょう。
GENOMEルール(大会規定)

■第4条 <勝敗>
試合の勝敗は、下記の結果でのみ判断する。(原則として、判定決着は認めない)
1. 1本勝ちおよびK.O(ノック・アウト)
A.口頭(ギブ・アップ)か相手の身体を3回以上叩く行為により戦意喪失の意思表示が認められた場合
B.両肩をマットに3秒以上つけた状態で押さえ込まれた場合(いわゆる3カウント)
C.ダウン後、10秒のカウント・アウト.

両肩を3秒ではなく3秒以上つけた状態というのがミソ。

IGFの場合は1秒や2秒での高速3カウントは入れられないルールですが、同じようにレフェリーが3カウントを入れなければピンフォール決着とはならないんです。

という事で、おわかりいただけましたでしょうか?

まあ、プロレス団体によってルールが変わる場合もありますから、一概に言えませんけどね。

少なくともIGFのGENOMEルールでは疑惑の3カウントはありえません。

ただ、最近はないですけど、下から三角締め等を仕掛けてる選手の肩が付いただけでカウント入れるのは辞めてほしいですよね。

この方がよっぽど疑惑。

観戦してる方からすれば、どっちが攻めてるのか、押さえ込んでるのか一目瞭然ですからね。→最新情報/プロレス人気ランキング

↓最新情報はこちらから↓
inoki_genome
プロレス人気ランキング

↓IGF以外の最新記事はこちらから
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オリジナル・チャンピオンベルト製作
〜トロフィーに代わるニューアイテム!〜
チャンピオンベルト 製作
【チャンピオンベルト使用用途ベスト3】
1位 ゴルフコンペの優勝者へ
2位 結婚祝いへのサプライズプレゼント
3位 送別会での送り物
〜イベントが必ず盛り上がる!使い道、自由〜

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
抱き枕ならお任せ!オリジナル抱き枕
〜自分だけの仲間だけのオリジナルウェア〜
【オリジナルプリント専門ショップ】
Tシャツ/トレーナー/帽子/マグカップ
キーホルダー/のぼり/ストラップ
タオル/マウスパッド/クッション
バッジ/キーホルダー/ステッカー
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


abc123da at この記事を人気ブログランキングに投票03:58コメント(13)トラックバック(1)  mixiチェック
アントニオ猪木 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 言葉を選んだ次の一手  [ IP Biz Forces 9.0 ]   2014年02月28日 23:00
昨日 それこそホテル イビスで 緊急地震で目覚ますも 2014年2月27日 09:32 50.1 34゜41.9'N 140゜ 3.5'E 89km M3.8 千葉県南東沖 有感は なし 1年前は WHEN A WOMAN LOVES A M ...

コメント一覧

1. Posted by ヘビスタ   2014年02月28日 12:20
4 IGFではDVDソフトが販売されませんが他の団体でやってるようなパンフレットに付けてというのはどうでしょうか、少しくらい高くても買います。
前の大会のを次の大会のパンフレットに付けるようにするとかまた過去の映像もみたいです。
総合の大会も始まるこの機会にお願いします。
2. Posted by 風天のヒロ   2014年02月28日 14:19
以前youtubeで見ましたが、今回も改めて見て、これはキッパリ猪木の負けで良いと思います。
ウイリアムスが2カウント(実際は3秒以上経過)後、慌てて猪木を起こしてますよね。
3カウント制に関する小鉄論も本で読みましたが言い訳じみてるなぁ。と率直に感じました。

そんなうやむやな中に置いても、“アントニオ猪木”という存在の価値は一切下がらないどころか、むしろ清濁併せ持つことでさらにその威光を増して行くー。そうやって観衆を魅了した所に猪木の真骨頂を感じます。

例え演出があってもそれを覆すだけの鍛錬を積み、誰にも負けないと自負するだけのプライドを持ち命懸けで突っ走ってきた生き様に大衆は巻き込まれ猪木中毒となっていったんじゃないでしょうか。

今回はdaさんの主張に素直に同意できませんが、こうやって今尚語り続ける事が出来る昭和猪木プロレスに敬慕の念を感じます。
当ブログのファンとしてこれからも猪木論の展開を待望します。
3. Posted by ナハナハ   2014年02月28日 14:55
なるほど!

確かに新日の公式にあるルール見ても問題ないですね。レフリーが反則カウントを4で止めるのと同じ事か。これは盲点でした。
4. Posted by ケンケン   2014年02月28日 20:23
テレビで見ていました。
これは猪木の負けです。

ニールセン戦の内容、結果、もろもろの要素を含めて上げ潮の前田と、スピンクス戦の内容、その他もろもろで明らかに落ちてきていた猪木。あのピンフォールは状況がクッキリと表れた瞬間に僕には思えました。

でもこれはアントニオ猪木が長いレスラー生活で見せてくれた無数のドラマがあってこそ、語れるヒトコマなんですよね。そんなレスラー、ほかにはまずいないでしょ(笑)。
5. Posted by 難波鑑   2014年02月28日 22:31
三角絞めの件で思い出しましたが、猪木VS藤波で、四の字かけてるときにレフェリーのテーズがカウント数えたことがありました。
初めて見たレフェリングに、“さすがテーズ”と唸ったのを思い出しました。
この辺の解釈は難しいところですね。
6. Posted by 宮戸ゲノム   2014年03月01日 00:15
ちょうど先日、私もこの試合を見たところです。
123daさんの書かれていることは「なるほど」と思いました。でも私は違う意見なんですよね…(小声)
逆とでも言うか(汗)
書けば長くなりそうなので簡潔に。私が導き出した一つの答え。「ピーターはやっぱダメだな」これですね(笑)
まぁ、他にも色々思うことはありますが。

ルールといえば、気になってることがあります。
GENOMEルール内で奥田vsジョーのような試合は今後もあるのでしょうか。
でも、あの鬼ごっこ展開はダメですよ。見てる客もキツイです(苦笑)
リアルな鬼、猪鬼さんが出てきちゃいますしね。
で、結局誰も得してないという…。
私はジョーを批判しているわけではないですよ。ルールで許されている以上、しょうがないですからね。負けに行ったわけではないですし。

試合によってルールを変えるのはよくないしなぁ…あくまで同じGENOMEルールなのにそれはマズイですよね?それこそプロレスと格闘技を分ける意味になりそうだし…。
難しいですね(汗)
7. Posted by 123da   2014年03月02日 17:40
>>ヘビスタさん

>IGFではDVDソフトが販売されませんが他の団体でやってるよ
>うなパンフレットに付けてというのはどうでしょうか、少しくらい高くても買います。

そうなったら僕も買います。
8. Posted by 123da   2014年03月02日 17:46
>>風天のヒロさん

> 以前youtubeで見ましたが、今回も改めて見て、これは
>キッパリ猪木の負けで良いと思います。

勝ち負けよりもあれで終わってたら広島のアンドレ戦のように暴動が起きてた可能性がありますから、結果的には良かったのではないかと思いますね。
9. Posted by 123da   2014年03月02日 17:49
>>ナハナハさん

>レフリーが反則カウントを4で止めるのと同じ事か。

すべてはレフェリー判断ですね。
10. Posted by 123da   2014年03月02日 18:01
>>ケンケンさん

>ニールセン戦の内容、結果、もろもろの要素を含めて上げ潮の
>前田と、スピンクス戦の内容、その他もろもろで明らかに落ちて
>きていた猪木。あのピンフォールは状況がクッキリと表れた瞬
>間に僕には思えました。

当時の猪木さんに休む時間があればまた展開が変わったような気もしますね。結果的に前田さんの売り出しに成功したのは良かったですよね。
11. Posted by 123da   2014年03月02日 18:14
>>難波鑑さん

>三角絞めの件で思い出しましたが、猪木VS藤波で、四の字か
>けてるときにレフェリーのテーズがカウント数えたことがありました。
> 初めて見たレフェリングに、“さすがテーズ”と唸ったのを思い出しました。

カウントを叩くことで休ませないとか覚醒させる目的もありますよね。
12. Posted by 123da   2014年03月02日 18:23
>>宮戸ゲノムさん

>GENOMEルール内で奥田vsジョーのような試合は今後
>もあるのでしょうか。

チャレンジトーナメントが始まるのであると思います。

> でも、あの鬼ごっこ展開はダメですよ。見てる客もキツイです(苦笑)

ちょっとルールを勘違いしてる部分がありますよね。
ロープブレイクがあるように、反則5秒間もありますから、そこらへんが慣れてくればおもしろくなると思うんですけどね。
実験試合ですから、いろいろ改正していってもいいかもしれません。
13. Posted by 元信者   2016年02月15日 17:17
リアルタイムで見てました。
猪木ファンとしては激ヤバでしたね ‼
今振り返ってみればスター選手としてあるまじきですね…まぁカウントしたのはレフェリーですけれど ( 部下だから仕方ない ) のかな? 笑

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
熱血道
最新記事
T1honmei
猪木主演映画「ACACIA」
第22回東京国際映画祭出品作

◆「ACACIA」DVD発売中◆

「ACACIA」
アントニオ猪木
パチンコ、パチスロ機
猪木が猪木をぶっ壊す。
Categories