2014年03月11日

猪木議員が藤田と小川に怒り「本当に俺から闘魂を学んでくれたのか?」・・・IGF4・5両国大会『IGF1』

東スポがビル・ロビンソン氏を1面で追悼!最後の弟子IGF鈴木秀樹も哀悼の意

「INOKI GENOME FIGHT 1」14.4.5両国国技館

この1週間でカードが続々発表されています。

まずオープニングマッチとして行われるチャレンジトーナメントの組み合わせが決定。
4.5 IGF 1でも2試合!Road to INOKI BOM-BA-YE2014チャレンジトーナメント概要発表!(IGF公式サイト)



選手発掘を目的とされるため、試合開始18時前から行われると思われます。

選手にとってはチャンスですから頑張って欲しいですね。

続いて

参戦が発表されていたKOTCヘビー級王者のコーディ・イーストが練習中のケガのため欠場が発表されました。

代打としてKOTC3階級王者(ミドル級、ライトヘビー級、クルーザー級)のトニー・ボレーノが参戦し、元M-1グローバル・ヘビー級王者のグラムと対戦する。
「元M-1グローバル王者 vs KOTC 3階級王者」!4.5 IGF 1追加対戦カード発表!

そして注目のデビュー選手となる星風選手の対戦相手はなんと澤田選手に決定。


昨年大晦日のミノワマン戦はベストバウトとなりました。
IGF大晦日『INOKI BOM-BA-YE 2013』のベストバウトは?(ゲノムアンケート)

特に澤田選手の評価がファンのみならず、選手関係者からも非常に高い。
週刊イノキゲノム Vol.149 青木真也、そして澤田敦士×ミノワマン戦を猪木はどう観たか!? (IGF公式サイト)

はたして、星風選手のデビュー戦でどんなファイトを魅せるのでしょうか?

ということで、これでIGFルールのカードは終わりですかね?

となれば、残る注目カードはGENOMEルール。

だが、核となるはずの藤田選手は大晦日以降何もなし、小川選手も世界格闘技連盟をぶち上げてから音沙汰なし。

この状況に猪木さんが怒った。

東スポより
0310

猪木さんのコメント 
「勝とうが負けようが自己満足で終わっちゃいけないのがプロの世界。藤田も小川も本当に俺から『闘魂』というものを学んでくれたのか?興行は一回一回が真剣勝負。何をやろうが観客という受け取り手がなければ意味なんてねえんだよ。2ブランド路線も別に否定はしないけど、いま一度プロってモノの存在意義を考えてみるべき」

かなり厳しい表情で苦言を呈したそうです。

そこで猪木さんは大晦日でデビューしたワン・ビンを闘魂継承者に指名。徹底的に養成していく。

猪木さんのコメント 
「今年中に若いワン・ビンが藤田や小川にぶつかっていく構図にしたい。それが自然でしょう?ムッフフ」

ワン・ビンはデビュー戦以降、中国系メディアが多数報道。大きく取り上げられています。
0122

猪木さんは世界戦略を見据えた選手を抜擢したい意向ですね。

現在IGFでは、北朝鮮大会の準備が着々と進められていますが、猪木さんによるとIGFの選手だからっていうだけでは無条件で出場できないそうです。世界が注目する一大イベントになると思いますから、誰でもというわけにはいかないようですね。

IGFでは真っ先に青木選手が出たいと言ってましたけどね。石井選手も興味を示していました。猪木さんは4・5両国大会から出場候補者を査定してくかもしれませんね。

そして、この猪木さんの苦言に藤田選手と小川選手はどう応えるのでしょうか?→最新情報/プロレス人気ランキング

↓最新情報はこちらから↓
inoki_genome
プロレス人気ランキング

↓IGF以外の最新記事はこちらから
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オリジナル・チャンピオンベルト製作
〜トロフィーに代わるニューアイテム!〜
チャンピオンベルト 製作
【チャンピオンベルト使用用途ベスト3】
1位 ゴルフコンペの優勝者へ
2位 結婚祝いへのサプライズプレゼント
3位 送別会での送り物
〜イベントが必ず盛り上がる!使い道、自由〜

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
抱き枕ならお任せ!オリジナル抱き枕
〜自分だけの仲間だけのオリジナルウェア〜
【オリジナルプリント専門ショップ】
Tシャツ/トレーナー/帽子/マグカップ
キーホルダー/のぼり/ストラップ
タオル/マウスパッド/クッション
バッジ/キーホルダー/ステッカー
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


abc123da at この記事を人気ブログランキングに投票10:35コメント(12)トラックバック(0)  mixiチェック
アントニオ猪木 | 藤田和之

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by カロン   2014年03月11日 13:31
鈴川はIGFルールでやるんじゃなかったのか!?
2. Posted by 宮戸ゲノム   2014年03月11日 20:42
123daさんはトーナメント参戦選手を見て、ぶっちゃけどう思いました?(汗)
私は奥田のためのものだと思って期待してたんですけど…。

最初は“次代を担う選手達で争われる”というコンセプトだったような…それが、えらいことになってません!?(苦笑)
たしかに国内だと重い階級の選手は少ないですが(汗)
今回、参戦する選手はモチベーションをかなり上げてもらわないと…。これは厳しいレベル…。
たとえ勝ってもグダグダな試合だったら両者負けでいいんじゃないですか?その辺は藤原組長にジャッジしてもらうなりして(笑)
で、しかも、IGF側からは誰も出ないんですよね?…。将軍、ワン・ビンは出てもおかしくないと思いますけど。

澤田はまだ、例のレフェリングのことを言ってるみたいですね(笑)
もう、いっその事、レフェリーの平さんと試合しちゃえばいいのに!
平さんはまだ強いんじゃないかなぁ(笑)
ちなみにプロレスではジュニアヘビー級チャンピオンでしたけどね(え?その情報はいらない?)。

IGFを知らない人からすれば、澤田vs星風はトーナメントの試合と変わらないと思います。
澤田は違いを見せ付けないと。プロ意識というか。ゲノムファイターはヤバイっていう。
アントニオ猪木の団体にいるわけですからね。
3. Posted by マイルスと猪木原理主義者   2014年03月11日 20:51
2 澤田には、今回、ぜひとも、秒殺を期待します。
鈴川は、プロレスやるんですかねェ?
リアルファイトをぜひ、みたいのですが!

女性選手の活用は、無いのでしょうか?

今こそ、IGFが、
リアルファイトを前面に掲げ、
他のプロレス村との差別化、
及び、
新規ファンの開拓をする時では、ないでしょうか!


4. Posted by 1972   2014年03月11日 22:19
5 『勝とうが負けようが自己満足で終わっちゃいけない』って凄い言葉ですね。

「闘いとは」「プロフェッショナルとは」「セルフプロデュースとは」「矛盾とは」「夢とは」

猪木さんは今尚、求道者ですもんね。1分足りとも「アントニオ猪木」を無駄にしない事に徹してますよね。

人は誰しも何かのプロであるし、何かのプロを目指す訳で。

中途半端でも生きれるけど、活きる事は出来ないから。だから、猪木さんは…中途半端を感じることが歯痒いのだとそう感じます。

藤田選手。小川選手。選ばれし二人。

小さくまとまらず。再び、世間の注目をとことん集めて、『闘い』を魅せ続けて欲しい限りです。

選ばれし強者たちが集うIGFのリング。両選手にしか出来ないこと。活躍と生き様。心から期待しています。
5. Posted by ヘビスタ   2014年03月11日 23:51
5 どうせトーナメントやるのならIGF 無差別GPみたいなのやって欲しい。 石井、ミノワマン、3S,川口、K−1勢、サップ、その他参戦可能な選手でやれば可能であると思うし格闘技側からも注目されIGFのベルトや知名度も上がるはず。8月開幕の決勝大晦日とかあったらいいなと思います。
6. Posted by 1972   2014年03月12日 21:33
5 猪木さんの国会中継も興味深く拝見しました。NEWS報道もありましたね。きっかけは何であれ(苦笑)まず世間に届かせることから、何かが始まるのだと感じました。

そして…小川選手の会見。IGFらしい生々しい感、剥き身の人間模様に、より興味がそそられました。

比較的、一話完結が多いIGFにおいて、ストーリー性も大切にする小川選手。やはりプロですね。

そして藤田選手。小川選手の云う状況を察すれば、1ファンとして、実直な藤田選手の気持ちも判ります。

ただ、勝手なファン視点で言わせて貰うならば…藤田選手自身の心を納得させ、生き様を魅せる闘い。それもまたIGFのリングであると思います。

プロなら「機を見るに敏」を大事にして欲しいですし、「機会損失」は寂しいものです。

さて、「そこからどうするの?」という気持ちで、両選手の次なる展開に期待します。

やはり、IGFはとても魅力的です!
7. Posted by 123da   2014年03月13日 09:08
>>カロンさん

今回は試合じたい見送りですかね?ルールはなんでもいいので出てほしいですね。
8. Posted by 123da   2014年03月13日 09:39
>>宮戸ゲノムさん

>123daさんはトーナメント参戦選手を見て、
>ぶっちゃけどう思いました?(汗)

知らない選手ばかりで何とも言えませんが、森川選手はIGFで2試合やって結果出してるので森川選手のためのトーナメントっていうことになるかもしれませんね。基本は選手発掘と無名選手への活躍の場の提供ようです。

>今回、参戦する選手はモチベーションをかなり上
>げてもらわないと…。これは厳しいレベル…。

MMA以上のことをするつもりで来ないと厳しいですね。

>将軍、ワン・ビンは出てもおかしくないと思いますけど。

将軍選手はすでに本戦で活躍してる選手ですから、ないと思いますが、ワン・ビンは出ても面白いですね。ただIGFルールなのでどうしてもMMA選手よりになって幅がせまくなってしまいますよね。

>IGFを知らない人からすれば、澤田vs星風はトーナ
>メントの試合と変わらないと思います。

星風選手は結構注目されていて相撲ファンの間では有名みたいですよ。

>澤田は違いを見せ付けないと。プロ意識というか。
>ゲノムファイターはヤバイっていう。

今回は勝利が絶対条件ですが、いろいろ期待してしまいますよね。

> アントニオ猪木の団体にいるわけですからね。
9. Posted by 123da   2014年03月13日 09:44
>>マイルスと猪木原理主義者さん

>澤田には、今回、ぜひとも、秒殺を期待します。

今回はぜひとも勝ってほしいです。

>鈴川は、プロレスやるんですかねェ?
>リアルファイトをぜひ、みたいのですが!

鈴川選手は基本的にリアルファイトしかやらないでしょうね。

>女性選手の活用は、無いのでしょうか?

今後はわかりませんが、猪木さんは好みではないですよね。
10. Posted by 123da   2014年03月13日 09:53
>>1972さん

>勝とうが負けようが自己満足で終わっちゃいけな
>い』って凄い言葉ですね。

客に媚びずに闘うのがIGFですが、自己満足とは紙一重。よほどの強い信念が必要ですね。

>藤田選手。小川選手。選ばれし二人。
>小さくまとまらず。再び、世間の注目をとことん集めて、
>『闘い』を魅せ続けて欲しい限りです。

二人が中心になって夢のある闘いとリングを作り上げて欲しいですね。
11. Posted by 123da   2014年03月13日 09:55
>>ヘビスタさん

>どうせトーナメントやるのならIGF 無差別GP
>みたいなのやって欲しい。

その機運が高まった時に必ずやると思います。
12. Posted by 123da   2014年03月13日 10:00
>>1972さん

>さて、「そこからどうするの?」という気持ちで、
>両選手の次なる展開に期待します。

藤田選手は期待を裏切らない選手ですから、どう出てくるのかが楽しみですよね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
熱血道
最新記事
T1honmei
猪木主演映画「ACACIA」
第22回東京国際映画祭出品作

◆「ACACIA」DVD発売中◆

「ACACIA」
アントニオ猪木
パチンコ、パチスロ機
猪木が猪木をぶっ壊す。
Categories