2014年11月05日

IGF大晦日地上波放送、小川直也vs石井慧、ヴァンダレイ・シウバ参戦等続々話題・・・IGF大晦日『INOKI BOM-BA-YE2014』

ジョシュIGF復帰!12・1後楽園大会も決定・・・IGF大晦日『INOKI BOM-BA-YE 2014』

「INOKI

IGFは4日、大晦日に行われる『INOKI BOM-BA-YE2014』の概要を発表しました。
【大会名】
HEIWA FieLDS presents
「INOKI BOM-BA-YE 2014」
【大会日時】
2014年12月31日(水) 開場/16:00 開始/17:00
【大会会場】
両国国技館
【主催】
イノキ・ゲノム・フェデレーション株式会社
【特別協賛】
HEIWA
フィールズ
【協賛】
ぼてぢゅう
OSGコーポレーション
【後援】
日刊スポーツ新聞社、スポーツニッポン新聞社、デイリースポーツ、東京スポーツ新聞社、ベースボールマガジン社、ニッポン放送(順不同)
【協力】
イープラス、サークルK・サンクス、チケットぴあ、ときめきドットコム、ローソンチケット(50音順)
【販売席種・前売券】
VIP席:50,000円 (ギフト付き、パンフレット付き、アフターパーティー参加、VIPゲート)
ロイヤルマス:20,000円(1・2側目、パンフレット付き、専用ゲート)
Sマス:10,000円
Aマス:7,000円
2階イス席A:7,000円
2階イス席B:5,000円
2階イス席C:3,000円
【販売席種・当日券】
VIP席:50,000円 (ギフト付き、パンフレット付き、アフターパーティー参加、VIPゲート)
ロイヤルマス:20,000円(1・2側目、パンフレット付き、専用ゲート)
Sマス:10,500円
Aマス:7,500円
2階イス席A:7,500円
2階イス席B:5,500円
2階イス席C:3,500円
【前売券先行販売開始】
11月7日(金)
【前売券一般販売開始】
11月14日(金)
【参戦予定選手】
ミルコ・クロコップ、ジョシュ・バーネット、ラマザン・エセンバエフ
【お問合わせ】
TEL.03-6257-3890(IGF)

参加メンバーについてサイモンさんが初期IGFに参戦した選手が戻ってくると言ってました。ジョシュのことでしょうか?でも、ジョシュの場合は初期という感じがしないので、カート・アングルら大物の可能性もあるでしょう。

さらにIGFはヴァンダレイ・シウバ、青木選手らとも交渉中。IGFルールのみならずGENOMEルールでの参戦もあり得るとのことなので楽しみですね。

注目のカードはメインでIGFチャンピオンシップ防衛戦を予定し、ミルコへの挑戦者を選考。石井選手が最有力とされていますが、負傷中のためその状況を見て藤田選手や鈴川選手らが候補に挙がっています。ただ、IGF王座を賭けるということで病み上がりの石井選手よりも藤田選手をとの声もあり、小川vs石井のドル箱カードが浮上しているそうです。

注目のテレビ中継は宇田川さん曰く「向こうが大晦日さいたまの火を消さないということなら、こちらは大晦日テレビの火を消さない」と当日地上波放送に向け粘り強く交渉中しているとのこと。おそらくフジテレビと交渉していると予測されますので、実現する可能性はあるとみています。

そして、12月1日(金)にはIGF初となる後楽園ホールでのイベントが決定。

【大会名】
FieLDS presents
「Road to INOKI BOM-BA-YE 2014ファンフェスタ」
【大会日時】
2014年12月1日(月) 開場/18:00 開始/19:00
【大会会場】
後楽園ホール
【主催】
イノキ・ゲノム・フェデレーション株式会社
【特別協賛】
フィールズ
【後援】
日刊スポーツ新聞社、スポーツニッポン新聞社、デイリースポーツ、東京スポーツ新聞社、ベースボールマガジン社、ニッポン放送(順不同)
【内容】
アントニオ猪木議員トークイベント
INOKI BOM-BA-YE出場選手のエキシビジョンマッチ(カードは随時発表)
参戦選手トークイベント
プレゼント抽選会ミルコ・クロコップ、ジョシュ・バーネット、ラマザン・エセンバエフ
【お問合わせ】
TEL.03-6257-3890(IGF)

IGFファン感謝祭のため入場無料(1000名)。

それにしても後楽園でファン1000名を無料招待するイベントってIGFならではのスケールですね。他の団体であれば一興行打てる規模です。

猪木さんが後楽園に登場するのも久々。

あの日以来です。
102306

続々と話題が浮上していますが、この12・1後楽園大会で大晦日の全カードを含めたサプライズな発表がされると思われます。→最新情報/プロレス人気ランキング
↓最新情報はこちらから↓
inoki_genome
プロレス人気ランキング

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オリジナル・チャンピオンベルト製作
〜トロフィーに代わるニューアイテム!〜
チャンピオンベルト 製作
【チャンピオンベルト使用用途ベスト3】
1位 ゴルフコンペの優勝者へ
2位 結婚祝いへのサプライズプレゼント
3位 送別会での送り物
〜イベントが必ず盛り上がる!使い道、自由〜

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
抱き枕ならお任せ!オリジナル抱き枕
〜自分だけの仲間だけのオリジナルウェア〜
【オリジナルプリント専門ショップ】
Tシャツ/トレーナー/帽子/マグカップ
キーホルダー/のぼり/ストラップ
タオル/マウスパッド/クッション
バッジ/キーホルダー/ステッカー
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


abc123da at この記事を人気ブログランキングに投票11:36コメント(8)トラックバック(0)  mixiチェック
小川直也 | 石井慧

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 宮戸ゲノム   2014年11月05日 19:32
交渉段階の選手を公表してしまう、IGFの恐ろしさ…(笑)
「迷わず言えよ!」by宇田川

何故、大晦日格闘技が恒例となったか。それは、紅白に対抗できる優良なテレビコンテンツとして…(以下省略)。
だから、IGFのテレビというものに対するスタンスは断然正しいと思います。
結果どうなるかは知りませんけど(笑)
やっぱり、大晦日のイベントを年明けに放送するのは意味が無いとは言いませんが、ちょっとねぇ……頑張れIGF!

IGF的に若いゲノム三銃士は地上波に乗せたいところでしょう。しかも良い時間だったら尚更。
ビッグネームと当てた方がいいのでは?
以前、『3S対世界』をテーマにカード編成したことがありましたよね。あれのゲノム三銃士バージョンなんかどうでしょう?

【GENOMEルール】大地vsジョシュ
【IGFルール】奥田vsバンナ
【GENOMEルール(奥田vsジョーの時と同じ)】ワンビンvsアーツ
例えばですけどね。
こんな感じ?みたいな。
えっ?見たくない?軽く読み流して下さーい。

で、小川さんはバトルロイヤルに出るんでしたっけ?
国技館の前のスペースでやるんでしょ(笑)
『エプロンに手をついてから場外に落ちる』っていう練習をしとかないとダメですね。
…て、冗談ですが。

小川直也vs橋本大地
“橋本真也と小川直也”をリアルタイムで見ていたファンは、いろいろ考えさせられるんじゃないですか?
小川デビュー戦〜1.4事変〜OH砲結成…
勿論、破壊王と大地は別と考えなきゃ駄目ですが。
蝶野、武藤とはまた違う、小川の大地への“伝え方”があると思います。
…まぁ、このタイミングで組むべきかどうかはわかりませんけど(笑)
2. Posted by 道標   2014年11月05日 19:45
4 初期に参加した大物といえば、確かにアングルなら可能かと思えますよね。レスナーやブッカーTはWWEに復帰してるそうだし…まあ、あの二人は初参加の際も来日中止になるんじゃないか!?とさんざん騒がれましたが…今回、彼等を招聘できたら、前回以上のサプライズになりますが、実際はどうかな〜?
3. Posted by 風天のヒロ   2014年11月05日 21:09
小川直也vs橋本大地のカードなら、得意気になってオーちゃん出場するでしょうね。
もしも、師匠:アントニオ猪木ならここ一番でどう動いたか?
IGF公式ホームページ(もちろんココ!!)を読んでる小川さん、ゆっくりじっくりもう一度考えてみて下さい。
その点、藤田は今なお心の芯まで猪木イズム継承してますね。
久々にPRIDEのDVD見返しながら藤田和之の生き様にゾクゾクさせられております。
daさんを中心にしてみんなでIGF大晦日大会までがんがん煽って盛り上げていきましょう!!
4. Posted by マイルスと猪木原理主義者   2014年11月05日 22:36
3 コメント失礼致します。

ファンフェスタ
非常にイイデスネエェー
しかも無料!

確か春先頃には、改革、改革と唱えていたはずのIGFなのですが、
最近のIGFは、プロレス村にどっぷり埋没
しすぎていて、何だかなぁーと思っていた
矢先に参加選手発表ですか?

当然、
今度こそ全線リアルファイトですよね。

8月の両国大会に身銭を切って見に行ったものにとって、前座的に行われたプロレスは、
本当にくだらなかった。

小川も橋本の息子もプロレスやるんだったら
IGFには要らんでしょ!

IGFにプロレスは、要らん。
石井、鈴川に続く
リアルファイター出現せよーー

やはり今後のIGFを、考える上では
女性選手の発掘、育成は、必要不可欠だと思う。

今の猪木さんは、IGFにはほとんど口出し
しないでしょうから。

いや何も、UFC、かつてのプライド目指せと言う訳ではなく
猪木さんの全盛期をみていた人間に
強烈な印象(猪木信者それぞれによって違うと思いますが。)を植え付けたように
IGFにも、今度はリアルファイトで
強烈な何かを、植え付けてほしいものです。

IGFには思いッキリ舵を切っていただきたい

全線リアルファイトを!

5. Posted by たっくん   2014年11月06日 00:01
ゲノム3銃士をもっと売り出してほしい
他の団体はもっと若手を売ってる時は思います。
これからのことを考えずにどうするのやかと、、、
3人共いいものを持ってるのにもったいないです。
6. Posted by 秀頼   2014年11月06日 11:32
小川vs石井戦の可能性は高いのですか?
小川に関しては最近はタッグばかりで勝てそうな相手としかシングルをしてません。
澤田や鈴木秀樹など。
藤田戦はあまりの煽りに仕方なくやった気がします。
IGF初期はコールマン、ジョシュ、高山、モンターニャとシングルやってたんですがね…。
「いつ何時誰の挑戦でも受ける」、
「安住の地を求めてはいけない」が
猪木イズムのはずですが、最近は正反対に行ってる気がします。
7. Posted by あおば   2014年11月06日 13:10
5 またジョシュ・バーネットとミルコの試合が見れるかもしれないだなんてPRIDE時代の興奮がよみがえってくる。いつかはこの2人でIGFヘビー級のタイトルマッチしてくれないかな?もし実現したら4度目の対戦になりますよね、また見たい!!
8. Posted by ひで   2014年11月07日 14:23
この記事とは関係ないけどショー大谷さんが盛り上げてたもろもろの企画が全部終わったのが残念。パンフ編集は続けてるんだろうけど、サイト内インタビューが終了(サイトで終了告知アリ)と同時期に闘魂スペシャルのニコ生配信も終わったみたいだし。代わりに何か事前盛り上げ企画みたいのをやるそぶりも無いし、何か考えて欲しいけどなぁ。
せめて宇田川がミニインタビュー記事書くとか最低限出来るはずだけども・・。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
熱血道
最新記事
T1honmei
猪木主演映画「ACACIA」
第22回東京国際映画祭出品作

◆「ACACIA」DVD発売中◆

「ACACIA」
アントニオ猪木
パチンコ、パチスロ機
猪木が猪木をぶっ壊す。
Categories