2016年10月05日

小川直也が藤田にエール!「もうちょっと、やった方がいい」

猪木議員が引退示唆の藤田についてコメント!

小川選手が藤田選手について語っています。

小川直也 暴走☆レッドゾーンより
藤田和之が引退を表明したんだって?でも、本当に引退するのかね?その場の勢いで言った可能性もあるんじゃないの。やっぱり、試合に負けた後はどんどん気持ちが落ち込んで、よく考えないで言っちゃうこともあるから。まあ、オレと藤田はライバルと言うより、同期なんだよね。2人とも猪木会長率いる「世界格闘技連盟」の立ち上げメンバーだったんだよ。自分で言うのもなんだけど、オレは鳴り物入りでプロの世界に入ってきた。一方の藤田は下積みからデビューして這い上がって…と全然違うタイプなんだよな。でも、引退については年齢とか、負けが込んでくるとかでそうなる気持ちがわからないでもない。でも、このトシになって勝ち負けなんてあんまり関係ないだろ。ましてや、プロレスラーなんだからさ。引退する、しないは本人が決めるものでオレがどうこういうことじゃないかもしれないけど、もうちょっと、やったほうがいいんじゃないの?何ならもう1回。オレとやるか?

昨年大晦日の猪木祭開会式では一緒に入場してきた。
1005

小川選手も藤田選手の引退表明に関しては半信半疑のようですね。

僕も半信半疑なんですが、当初はRIZINに区切りをつけるという意味だったと思うんですよね。だって精一杯やって負けてしまったわけですから。特に今回はトーナメントでしたからね。その部分が会見でうまく伝わらずに引退と捉えられてしまったような感じかと思うんですよ。

ということで、もう一度引退表明とされたインタビューを検証してみます。

−−今後に関しては?
藤田選手「次?誰とですか?いやもうスッキリしました」
−−MMA引退ということ?
藤田選手「MMAはとかわからないけど、もういいんじゃないですか」

MMA引退か?の質問に「わからない」と答えています。

−−もうやらないと?
藤田選手「やらないというか。なんだろうな」

このコメントからは「やらないというわけではない」と否定しているように受け取れます。

藤田選手「世代というか時代というか、その瞬間は来たかなと」

藤田選手が言いたいのは引退ということでなく世代交代の時が来たと。

−−バルト戦を終えて、そう感じたと?
藤田選手「バルトもそうだし、今日出てる選手もそうだし、ものすごいアツい闘いしてるし。映像でも見てたんだけど、1人ひとりのスキルとかみんなあれだけ熱持ってやってるから。また来るんじゃないですか。俺はもうスッキリした。やることやったなって」

この日に出場したRIZINの選手を評価し、自分は若い世代を相手にやりきったという満足感は伝わってきます。

そして、次の質問は藤田選手に対して聞いてはいけない質問。

−−MMA引退という意味なのか、プロレスも含めてリングを降りるということなのか?
藤田選手「よくね、俺から言わせれば、濁していつまでもダラダラやってるバカいるけど...(涙で声がつまる)」

ここで、ちょっと怒りを露わに。こういう質問は藤田選手に対して失礼なんですよね。質問した人は藤田選手をわかってないんですよ。猪木さんの「プロレスとはあらゆる格闘技の集大成」という部分を教えられ実践してきたのが藤田選手ですからプロレスもMMAも同じ。猪木イズム最後の継承者の藤田選手にとってMMAを辞めるということはプロレスを辞めるということでもあるんです。

おそらく、この部分からおかしな方向に行ったのではないかと思われます。

藤田選手「いやぁ…悔しいとかじゃなくてね、全然悔しいんじゃないよ。なんかね、この世界で猪木会長に拾ってもらってね、20年間、ちょうど20年なんですよ、今年で。入ったときは、デビューしてすぐ終わり、2、3年で干されるんだろうなって思ったけど、こんなしょうもない、いまだにしょっぱいレスラー。でも、こうやってチャンスをもらえたこと、すごい感謝してるし。いま思い出しちゃってさ。今日の試合は悔しくないよ。次の若い世代にぶつかってもらえるような立場としてやってこれたことが、うれしかったですよ。やってよかった。まだミルコもやってますけど…。いや、俺、こんな涙出るなんてないんだけど…」

大粒の涙をこぼしながら悔しくないと言ってますけどね。おそらく、MMA引退という風にとられてしまった怒りやそれを否定したい気持ち。でも否定できない。世代交代の時が来たと認めざるをえない寂しさ。そんな複雑な気持ちが入り混じって出た涙ではないかと。

そして、藤田選手の口から出た引退を示唆する部分。

藤田選手「引退式なんてそんなの要らないけどさ、なんかやりきった感がある。あらためてホントに、このイベント、最後、RIZINだったけど、最初PRIDEで命もらったし。最後、またRIZIN出してもらって。俺はプロレスがどうのとか、格闘技引退ですとか、そんなことはしませんよ。ホントに、ホント感謝してます。そのぐらいの覚悟できたんで。いちいち言ってさ、商売するヤツいるけど、それはそれでいいよ。でも、俺はそうじゃないから。自分のなかで、区切りつきました。皆さん、どうもありがとうございました」

僕はこの時に決意したのではないかと思うんです。ただ、売り言葉に買い言葉という感じにとれるので現場にいた報道陣も確認しています。

−−その気持ちは試合をする前から決めていたのか?
藤田選手「覚悟って言葉で全部…。ホント人前でこんな泣いて、ヤバいね(苦笑)。でも、ホントそのぐらいの気持ちで臨んできたんで。スッキリしたし。やることやったら涙でないって言うけど、やったことに対して涙はないし。逆に笑顔でバルトに頑張れよ!って言ってさ。ボン!ってド突いたけど、それに対して、涙はなくて、うれしさしかなくて。だけど、思い出すとね。最初のホント、グリーンボーイの時から、なんの取りえもないけど、猪木さんが拾ってくれて。皆さんにご迷惑をおかけしながらもさ、いろんなことを経験させてもらって感謝しています。本来だったら舞台作って、引退しました!リングの上で涙ボロボロ、ごっちゃんですじゃないですけど、俺はいいからさ、俺らしく最後は、引き際はスッキリしたいと思います。ただ皆さんにご挨拶だけしたくて、今日はここに来ました。ホントにありがとうございました(拍手が起こる)」

わかりませんけどね。試合前に藤田選手が言っていた通り、絶対に引退するつもりなかったと思うんですよ。突発的に決意したと思うんです。だから誰も知らなかったという。こういった複雑な心情を一番わかってるのがカシン選手やサイモンさんで、だから引き止めようとするんだと思います。

ただ、RIZIN以外に上がるリングがないんですよね。サイモンさんがマカオ大会でオファーしたといっても、条件が合わないんだと思います。もう、昔のIGFではないですからね。これは小川選手にも言えますが、上がるリングがないという事は事実上の引退と同じ。ですから、はぐれIGF軍団も藤田選手のために作られたようなもので、少しでも価値を落とさないようにというカシン選手の優しさだと思うんです。藤田選手を単体で上げられるリングはありませんからね。

まあ、このまま不本意な形で引退の方向にされてしまってるのだとしたら非常に惜しい。個人的には何とか抵抗はしたいと思うんですが藤田選手の決意は固そうです。
最新情報/プロレス人気ランキング

↓最新情報はこちらから↓
inoki_genome
プロレス人気ランキング

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オリジナル・チャンピオンベルト製作
〜トロフィーに代わるニューアイテム!〜
チャンピオンベルト 製作
【チャンピオンベルト使用用途ベスト3】
1位 ゴルフコンペの優勝者へ
2位 結婚祝いへのサプライズプレゼント
3位 送別会での送り物
〜イベントが必ず盛り上がる!使い道、自由〜

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


abc123da at この記事を人気ブログランキングに投票23:54コメント(1)トラックバック(0)  mixiチェック
小川直也 | 藤田和之

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by けのむ   2016年10月06日 07:41
小川ほどではないが藤田も鳴り物入りで新日入ったと思うけどな?
シュートが強くて先輩が手出し出来なかったのもあるが、真壁は怒られてばかりいたが、藤田は料理失敗しても先輩が大爆笑で許してくれてたしw

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
熱血道
最新記事
T1honmei
猪木主演映画「ACACIA」
第22回東京国際映画祭出品作

◆「ACACIA」DVD発売中◆

「ACACIA」
アントニオ猪木
パチンコ、パチスロ機
猪木が猪木をぶっ壊す。
Categories