2008年10月29日

対戦カード発表!参戦決定の高山「猪木さんは優秀な営業マンでいろ」

本日、東京・高円寺のUWFスネーク・ピット・ジャパンでIGFの記者会見が行われ11.24GENOME7の一部対戦カードと高山選手の参戦が正式発表されました。出席者は宮戸さん、高山選手、アレク選手、クノウ選手、澤田選手、松井選手、金原選手、IGFでデビューとなる鈴木秀樹選手です。

第1試合 15分1本勝負
金原弘光vs鈴木秀樹

第2試合 15分1本勝負
松井大二郎vs澤田敦士

第3試合 20分1本勝負
タカ・クノウvsアレクサンダー大塚

高山選手のコメント(東スポより)
「実はIGFの興行自体、見たことがない。ジョシュと小川選手くらいしか知らない。今まで闘ってきた連中がダメだからか、猪木さんが出たがりなのかは知らないけど、いつも主役は猪木さんというイメージが強いね。猪木さんが最後に『ダーっ!』とやって興行を絞めるのなら、オレはその後に出て行って『ノーフィアーッ!』と叫んでやるつもり。猪木さんはたくさん切符を売ってくれる優秀な営業マンでいてくれればいい。オレは宮戸さんの選んだ相手と闘うのみ。オレと宮戸さんの関係を考えたら拒否権なんてない。まあIGFのリングで藤波さんに引導を渡すってのも面白いかもね。藤波さんはジョシュとやるんでしょ?宮戸さんやビル先生が『コイツとやれ』『コイツを倒せ』と言ったら、それをやるだけです」

鈴木選手のコメント (週プロより)
「今回、試合が決まりましたので、とにかく一生懸命やるだけたと思ってます」

宮戸さんのコメント(週プロより)
「猪木社長の命を受けた中で、現役選手の中から選んだら彼らしかいなかった。Uインターとか懐かしさとかじゃなく、猪木社長のプロレスリングをやるためにどうしたらいいかを考えて選んだ結果」

−−高山選手の相手について
「猪木社長とも相談の上で動いて決定すると思いますけど、誰が相手だろうと高山の凄さというものを目一杯発揮してもらいたいなと。それだけです」

−−鈴木選手のデビューについて(kamipro.comより)
「一般の練習生から始めたんで、プロが1年でやることを4年かかりましたけど、キャッチ・アズ・キャッチ・キャン初のプロ選手と言えるでしょうね。基礎はできてるし、体力的にも技術的にも充分。あとは気持ちを含めてリング上で体験しながら勉強するしかない」

−−ルールについて
「基本的にはプロレスルールというかね、3カウントかギブアップで決着がつくと。あとは細かい部分についてはレフェリーがきちっとルールに則ったレフェリングをしてもらう。そこだけです、僕からの注文は。ですから細々としたルールうんぬんっていうのは心配していない。それよりもレフェリーが機能するような、きちんとしたレフェリングを要請したいと思っています」

金原選手のコメント(週プロより)
「IGFの新体制となりまして、そのオープニング、第1弾ということで僕が第1試合をやることになったんですけど、UWFのスタイルとか、僕がいままでやってきたものを出して、これが本当のプロレスだというものを見せたいですね。急に『ワン、ツー』と言われて戸惑わないように気をつけたいですね。リングシューズも昔使っていたものを使います」

澤田選手のコメント(kamipro.comより)
「師匠(小川直也)にはドラゴン藤波の首を獲ってこいと言われたんですが、相手が決まってしまったんで精いっぱいやろうと思っています。あと『東スポ』新人賞はホントに狙ってるんで期待してほしいと思います」

松井選手のコメント(週プロより)
「全力で頑張るだけです」

クノウ選手のコメント(週プロより)
「大塚選手との試合、熱い試合ができそうな選手なので思いっきりやっていきたいと思います」

アレク選手のコメント(週プロより)
「淡々としたタカ選手の試合ペースを乱すような、アレクサンダー大塚らしい自分の世界を見せるような試合をして、しっかり勝利を勝ち取りたいと思う」

高山選手、猪木さんに毒ついてます。非常に面白いです。
ここでも藤波さん人気ありますね。
小川選手といつもいっしょにいるイメージが強い澤田選手は1人で蛇の穴に、気合入ってそうです。
次は外人選手の発表でしょうか?大物選手を期待してます。→最新情報/人気プロレスランキング

プロレス人気ランキング 


↓IGF以外の最新記事はこちらから
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オリジナル・チャンピオンベルト製作
〜トロフィーに代わるニューアイテム!〜
【チャンピオンベルト使用用途ベスト3】
1位 ゴルフコンペの優勝者へ
2位 結婚祝いへのサプライズプレゼント
3位 送別会での送り物
〜イベントが必ず盛り上がる!使い道、自由〜
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 紫レガ   2008年10月30日 02:39
この辺りは高山の真骨頂でしょうね。
猪木の絶対的な存在感を把握している上で、「あくまでも主役は選手だよ」という言い分。

こと興行に関しての考え方としては宮戸の右に出る人間はそう居ないと思いますから、この本気度が変わらなければ、今回のIGFはいけると思いますよ。
前売りもいいんですよね? この大会がターニングポイントじゃないでしょうか。
2. Posted by 123da   2008年10月30日 05:15
>>紫レガさん

新日本のリングでも唯一マイクで猪木さんを挑発したのは高山選手でしたよね。

宮戸さんの積極性は凄いですよね。まるで何十年も猪木さんといっしょにやってるかのようで、頼もしいです。
小川選手にどう対応するかと思ってたら、早速澤田選手を呼んだのも凄いです。

前売りは今のところは売れてないんではないですかね。小川vs高山とか評判になったら伸びるのではないですかね。半分以上は猪木さんがスポンサーや飛び込みで売ってるみたいなので満員にはなると思いますよ。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
熱血道
最新記事
T1honmei
猪木主演映画「ACACIA」
第22回東京国際映画祭出品作

◆「ACACIA」DVD発売中◆

「ACACIA」
アントニオ猪木
パチンコ、パチスロ機
猪木が猪木をぶっ壊す。
Categories