若翔洋

IGFニュース
5月12日(金) 奥田啓介、谷嵜なおきサイン会開催! NEWオープニングシリーズ 栃木県総合文化センター・サブホール!!(IGF公式サイト)

2009年10月14日

09.11.3JCBホール「GENOME10」

今日の東スポでは、先日、有明の会場で前田さんと中邑選手が密談した内容が書かれています。

1014

前田さんのコメント
「プロレスは今、坂道に転げ落ちてるんですよね。ああいう若いのが5人、10人出てこなきゃいけない。アイツは気がついた。仲間をつくるべき。船木と中邑がくっついてやればいいじゃん。TNT火薬爆弾から原子爆弾になるよ。面白いよ」

前田さんは1986年にUWFを率いて、新日本にUターンした時の経験を交えて中邑選手にアドバイスをしたそうです。

奇しくも猪木さんと同じ言葉「中邑は気づいた」と言っています。今のところ中邑選手に続くような選手が新日本から出てこないのは残念ですね。たぶん気づいていても動けない選手はいるんでしょう。

船木選手は昨年のIGFの有明大会で、ビデオメッセージで登場してました。猪木さんとは2007年10月の内藤×亀田大毅戦の会場で挨拶していましたね。

この件で船木選手もコメントすることになるでしょう。ぜひ、IGFに上がってもらいたい選手ですね。

中邑選手のコメント
「本人にしかわからない、非常に貴重なアドバイスをいただいた。自分なりに解釈、理解していきたい」

ちなみに、この前の両国大会の日に中邑選手はゲノムファイターと一触即発になっていたようです。と言ってもゲノムファイターの若翔洋選手が働いてる「ちゃんこ江戸沢」に食べにきただけですけどね。若翔洋選手によると、両国大会の日はよく食べにくるそうです。

その中邑選手ですが、あくまでも猪木さん狙いだと言っています。いよいよ、今日、猪木さんが返答するようです。はたして答えは一瞬で決まるのでしょうか?詳細は紙面にてご確認ください。→最新情報/人気プロレスランキング

プロレス人気ランキング 


↓IGF以外の最新記事はこちらから
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オリジナル・チャンピオンベルト製作
〜トロフィーに代わるニューアイテム!〜
【チャンピオンベルト使用用途ベスト3】
1位 ゴルフコンペの優勝者へ
2位 結婚祝いへのサプライズプレゼント
3位 送別会での送り物
〜イベントが必ず盛り上がる!使い道、自由〜
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




IGFニュース
5月12日(金) 奥田啓介、谷嵜なおきサイン会開催! NEWオープニングシリーズ 栃木県総合文化センター・サブホール!!(IGF公式サイト)

2009年06月14日

GENOME9 2009.8.9 有明コロシアム
東スポによりますと本日、ドラディション、大阪大会が開催され、三沢選手の追悼セレモニーも行われたようです。

藤波さんのコメント(東スポ、週プロより)
「まさかというのが率直の気持ち。嘘であってほしかった。大ベテランでプロレスを熟知していて、受け身の名手でもあっただけに全く信じられない。連戦の疲労だけでなく、団体を率いる心労も影響しているのではないか?彼はプロレスの宝。残した功績もはかり知れない。橋本、三沢と財産が次々と失われファンも大変残念だと思う。三沢選手と馬場さんとダブって見えていただけに、これでまたひとつ王道の火が消えてしまったと残念な気持ち。一昨年タッグで対戦した時に今度はシングルで闘おうと約束したのだが・・・。選手個々、複雑じゃないのかな。試合になったら気がちっちゃいけないだろうけど、どっかでそういう気持ちはあるでしょうし、追悼の気持ちはあるでしょうし、追悼の気持ちを込めてリングに上がったんじゃないかな。自分も社長を経験したんで、彼の心は並大抵のものじゃなかっただろうね。これはやった者にしかわからない。特にこう、業界が厳しい中にあって、コンディション調整もままならなかっただろうし。2年前の武道館で闘って、次はシングルという気持ちがあった矢先だったから。立ち消えになっちゃいましたけど、まあ、自分の思いの中でシングルを実現しますよ。本当にお疲れ様。やすからに」
今日の試合では長州さんと佐山さんと組んで大活躍しましたが、三沢選手の訃報に関しては非常に沈痛な面持ちのようです。

そういえば、三沢選手が2代目タイガーマスクのマスクを脱ぎ去った1990年5月の全日本プロレス、東京体育館大会には藤波さんが観戦に訪れていたんですよね。日本テレビの画面にも映し出されました。当時は新日本の2・10東京ドーム大会に鶴田さん、天龍さん、三沢選手、ハンセンら全日勢が新日のリングに上がり、4・13東京ドームではWWF、全日、新日の合同興行が開催され、両団体は友好関係を築いていました。外人選手のトレードまで実現してましたよね。

藤波さんも夢の鶴田戦へ実現間近と見越して全日の東京体育館を訪れたんでしたよね。しかし、運命のイタズラか藤波さんは腰を痛めて長期欠場。翌年には鶴田さんが病気され、ついに夢の対決は実りませんでした。

今回も藤波さんと三沢選手は「シングルで闘おう」と約束されたそうですが、叶いませんでしたね。藤波さんも無念でしょう。藤波さんと三沢選手はタッグを組んだ時もタッグで対戦した時も、三沢選手がリスペクトして藤波さんを終始立てていたことが強く印象に残っています。

なお、若翔洋選手も三沢選手の訃報を聞き、闘魂SNS内で「これから三沢選手の試合が見れなくなるのがとても淋しく思います。でも、一番淋しいのはノア、三沢選手を応援する全国のファンの方ですよね」と哀悼の意を表明しました。残されたノアの選手、中でも後輩の力皇選手について凄く気にかけているように感じましたね。
最新情報/プロレス人気ランキング

プロレス人気ランキング

 ↓IGF以外の最新記事はこちらから

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オリジナル・チャンピオンベルト製作
〜トロフィーに代わるニューアイテム!〜
【チャンピオンベルト使用用途ベスト3】
1位 ゴルフコンペの優勝者へ
2位 結婚祝いへのサプライズプレゼント
3位 送別会での送り物
〜イベントが必ず盛り上がる!使い道、自由〜
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

IGFニュース
5月12日(金) 奥田啓介、谷嵜なおきサイン会開催! NEWオープニングシリーズ 栃木県総合文化センター・サブホール!!(IGF公式サイト)

2009年05月02日



本日2日〜3日の両国で「第7回 両国にぎわい祭り」が行われます。

両国と言えば国技館。国技館と言えばIGF。
IGFと言えば若翔洋。若翔洋と言えばちゃんこ。
ということで「ちゃんこミュージアム」に若翔洋選手も参加するそうです。

詳細はこちら⇒「両国にぎわいガイドMAP 2009年版

第7回両国にぎわい祭りについて
このイベントは、地元両国の商店会・町会や企業が実行委員会を結成し、墨田区の後援を得て行っており、今年で7回目となります。両国の街の活性化と PR を目的に、毎年大好評の両国の味「ちゃんこ」を集めた「ちゃんこミュージアム」や、地元企業や地場産業の物販コーナー、「両国バザール」、力士と一緒に行う相撲体験コーナー、両国界隈散歩ツアーなど、沢山のイベントを展開致します。ゴールデンウィークのひとときを是非、両国で過ごしてみませんか?

にぎわい祭りちらし表にぎわい祭りちらし裏

若翔洋選手は格闘家転向後、総合格闘技で1勝したのみでIGFでも勝ち星に恵まれません。昨年8・15両国大会の澤田選手との試合はIGF最弱決定戦と言われましたが、それにも敗れました。澤田選手の初勝利を得た歓喜の表情とは対象的にレフェリーにクレームをつけた若翔洋選手の悔しそうな表情が印象に残っています。今年はIGFでの初勝利を期待したいですね。

ちなみに若翔洋選手がいる場所は国技館通りメイン会場の「ちゃんこ江戸沢」のブースだそうです。普段はIGFがタイアップしているジー・コミュニケーション・グループの「ちゃんこ江戸沢」で働いている若翔洋選手。その自慢のちゃんこ料理が食べられると思います。ぜひご参加ください。最新情報/人気プロレスランキング

プロレス人気ランキング 


↓IGF以外の最新記事はこちらから
にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

↓リンク先で中身閲覧できます。↓
花が咲こうと咲くまいと生きていることが花なんだ花が咲こうと咲くまいと生きていることが花なんだ
著者:アントニオ猪木
販売元:経済界
発売日:2008-09-24
価格¥1575
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


熱血道
最新記事
T1honmei
猪木主演映画「ACACIA」
第22回東京国際映画祭出品作

◆「ACACIA」DVD発売中◆

「ACACIA」
アントニオ猪木
パチンコ、パチスロ機
猪木が猪木をぶっ壊す。
Categories